H30年度事例1
CATEGORY

H30年度事例1

WEB短期合格コース
5

8月の1次試験終了後から本格的に2次試験対策を行う受験生には、とにかく時間がありません。この短期間で、まずは何に手をつけるべきか。それは「過去問」です。そして、 AASには…

  • 2019年8月17日

H30年度事例1(得点 63点)

第1問(配点20点) 理由は A 社の強みであるセンサー技術や大手、中堅メーカーとの共同プロジェクト参画の経 験を生かし、資金力、技術力に勝る大手メー カーとの差別化、競争回避を図るためである。 第2問(配点40点) (設問1) 理由は最終消費者へ製 […]

  • 2019年8月4日

H30年度事例1(得点 58点)

第1問(配点20点) 理由は、コアテクノロジーであるセンサー技術を活かして、売切り型の事業の限界を打ち破るニッチ市場に向けた製品を開発することで、情報通信技術の急速な進歩に合わせた後進に事業を委ねられる新規事業開発を行う為。 第2問(配点40点) ( […]

  • 2019年7月28日

H30年度事例1(得点 73点)

第1問(配点20点) 理由は、①大きい市場は競合が多く環境変化に依存し、価格競争に巻き込まれやすい。②小さい市場では自社技術を応用した製品で、差別化集中戦略が採れる。③買い手の交渉力が弱まり、対等な取引が可能となる。から。 第2問(配点40点) (設 […]

  • 2019年7月26日

H30年度事例1(得点 48点)

第1問(配点20点) 理由は、①主力取引先に売上8割を依存しバブル崩壊により売上の落ち込みを経験したので、事業リスク分散を図るため、②高精度な製品開発の技術力をニッチ市場に供給することで、事業継続の収入源を確保するため。 第2問(配点40点) (設問 […]

  • 2019年7月19日

H30年度事例1(得点 56点)

第1問(配点20点) 理由は、時流を先読みしニッチ市場に先行投資することで、情報通信技術の急速な進歩等外的要因の変化によって市場が拡大した際に大きな売り上げを上げることができる差別化集中戦略を取ったからである。 第2問(配点40点) (設問1) 理由 […]

  • 2019年7月19日

H30年度事例1(得点 26点)

第1問(配点20点) 理由は、競争を回避し、少ない経営資源を集中させニッチ市場に投入し、コア技術で差別化を図り競争優位を確立することで、先発優位性を享受し、多様な市場への進出によりコア技術を強化し更なる差別化を図るため。 第2問(配点40点) (設問 […]

  • 2019年7月6日

H30年度事例1(得点 54点)

第1問(配点20点) 理由は、①売上の8割を依存していた主力取引先が急激な事業縮小で、差別化できるニッチ市場に追い込まれた、②市場の変化が激しいため、評価の高い自社の経営資源をニッチ市場に集中して機動的に展開したため。 第2問(配点40点) (設問1 […]

  • 2019年7月6日

H30年度事例1(得点 42点)

第1問(配点20点) 理由は、①コアテクノロジーであるセンサー技術を活かし、主力取引先以外の大手・中堅メーカーとの共同開発を実施してきたため、②生産・販売を信頼できる複数のパートナー企業に委託しているため、である。 第2問(配点40点) (設問1) […]

  • 2019年7月6日

H30年度事例1(得点 43点)

第1問(配点20点) 理由は、①大手取引先依存で経済不況による急激な事業縮小などの悪影響を受けないよう、自社技術を応用し差別化を図りたかったから、②・・・。(再現できず) 第2問(配点40点) (設問1) 理由は、①営業職や人事などの管理業務を兼務し […]

  • 2019年6月23日

H30年度事例1(得点 50点)

第1問(配点20点) 理由は、①ニッチ市場に強みであるセンサー技術を活用して経営資源を集中的に使うことで、競争優位性を確立するため、②市場が縮小しても同業者の撤退によりA社のシェアが拡大し、売上を維持できるため、である。 第2問(配点40点) (設問 […]

>中小企業診断士2次試験対策専門校「AAS東京」

中小企業診断士2次試験対策専門校「AAS東京」

私たちは大手受験校ではありません。
2次試験に特化した指導を得意とする、少人数制の専門校です。
創立以来、どうすれば2次試験に効率よく合格できるのか、 このことだけを追求し、研究してきました。その結果得られた答えは・・・

CTR IMG