H30年度事例1
CATEGORY

H30年度事例1

WEBオプション①:事例Ⅰマスターコース
5.00

事例Ⅰのインプット講座(4回)とアウトプット(7事例)がセットになったバランスのとれた講座で、事例Ⅰを攻略する力を集中的に育成します。診断実務でも使える2次試験攻略ツールとして定評がある戦略フレームワークも学べます!

  • 2019年6月23日

H30年度事例1(得点 50点)

第1問(配点20点) 理由は、①ニッチ市場に強みであるセンサー技術を活用して経営資源を集中的に使うことで、競争優位性を確立するため、②市場が縮小しても同業者の撤退によりA社のシェアが拡大し、売上を維持できるため、である。 第2問(配点40点) (設問 […]

  • 2019年6月15日

H30年度事例1(得点 44点)

第1問(配点20点) 理由は、①規模の小さなニッチ市場は、大手市場と異なり、バブル経済崩壊等の影響を受け辛いため、②A社のコアテクノロジーであるセンサー技術を生かした独自の差別化商品を継続して安定供給し、事業の柱にできる為。 第2問(配点40点) ( […]

  • 2019年6月14日

H30年度事例1(得点 29点)

第1問(配点20点) 理由は、重要な経営資源である人材の技術力を活かせ、信頼できるパートナー企業と連携し時流を先読みし先進的な事業を展開するにはニッチ市場が最適で他社との差別化が図れるため。 第2問(配点40点) (設問1) 理由は、社員の大半が技術 […]

  • 2019年6月13日

H30年度事例1(得点 61点)

第1問(配点20点) 理由は、①大企業が参入しにくい小さな市場に展開する事で、中小企業のA社でも大きなシェア確保が可能な為、②A社もパートナー企業も大規模な設備投資を避ける事により、経営リスク軽減を図る為、である。 第2問(配点40点) (設問1) […]

  • 2019年6月8日

H30年度事例1(得点 38点)

第1問(配点20点) 理由は、大規模な市場では、①大手企業の参入が多く、競争優位を築くのが困難だから、②外部環境の変化による取引先の事業の変動が大きくリスクが大きいから、③市場が成熟しており差別化が困難だから、である。 第2問(配点40点) (設問1 […]

  • 2019年6月7日

H30年度事例1(得点 59点)

第1問(配点20点) 理由は、①大手の新規参入が少なく、電子機器開発に特化した事業展開で市場シェアを維持できる為、②自社技術を応用した新製品開発により製品の差別化ができ、ニッチ市場においては代替品の脅威が少ない為。 第2問(配点40点) (設問1) […]

  • 2019年6月5日

H30年度事例1(得点 40点)

第1問(配点20点) 理由は、①市場規模が小さく、A社社長が変化の予測が可能であるため、②同業者が撤退するなど、競争相手が少ないため、③A社の技術の強みを活かして開発した製品が、顧客ニーズを満たすことができるため、である。 第2問(配点40点) (設 […]

  • 2019年6月1日

H30年度事例1(得点 65点)

第1問(配点20点) 理由は、①売上を依存していた主力取引先がバブル崩壊で事業縮小し、経営リスクを分散する為、②電子機器の研究開発に経営資源を集中させ、生産や販売をパートナーに委託し、独自の販路を保有していなかった為、である。 第2問(配点40点) […]

  • 2019年5月3日

H30年度事例1(得点 47点)

第1問(配点20点) 少人数の技術者により強みであるセンサー技術を活かして研究開発するには規模の大きな市場ではターゲットとしてそぐわず、相対的に規模の小さい市場で研究開発する方が同業他社と差別化できると考えたためである。 第2問(配点40点) (設問 […]

  • 2019年5月3日

H30年度事例1(得点 63点)

第1問(配点20点) ①景気低迷に伴う大手メーカー向け納入での競争激化を避ける為、②ニッチ市場に向けた製品を開発・販売する事で、ニッチャーとして市場優位性を確立する為 第2問(配点40点) (設問1) 理由は、①A社従業員の内9割が技術者で、最終消費 […]

>中小企業診断士2次試験対策専門校「AAS東京」

中小企業診断士2次試験対策専門校「AAS東京」

私たちは大手受験校ではありません。
2次試験に特化した指導を得意とする、少人数制の専門校です。
創立以来、どうすれば2次試験に効率よく合格できるのか、 このことだけを追求し、研究してきました。その結果得られた答えは・・・

CTR IMG