H30年度事例1(得点 73点)

第1問(配点20点)

理由は、①規模の小さな市場では規模の経済性を追求する大手企業との競争を回避できる、②ニッチ市場において研究開発型の中小企業であるA社が経営資源を集中することにより技術力向上で差別化を図ることができるから。

第2問(配点40点)

(設問1)

理由は、①技術者が9割近くを占める中小企業であるA社は営業面において最終消費者向け製品の多様なニーズを直接把握する体制を備えていなかった、②製品寿命の長い法人向け製品で専門的に技術力向上を図りたかった。

(設問2)

違いは、①以前の同社が開発してきた製品事業は販売した時点で取引が完了する売り切り型で収入が安定しなかったが、②複写機関連製品の事業は再生品や部品、トナー等の消耗品で継続的に安定した収入源を得られること。

第3問(配点20点)

目的は、①専門知識を有する技術者を混成チームとすることで専門知識の交流によるシナジー効果を期待できる、②専門知識別の組織を製品事業別に変えることで組織が動態化し外部環境の変化への対応力が強化されること。

第4問(配点20点)

助言は、①外部の技術研修会への参加促進や自己啓発への経済支援で能力向上を促し、②製品改良や新製品開発の提案制度導入や表彰・評価制度の導入で意欲向上を図ることで、チャレンジ精神や独創性を維持していくこと。

 

本ブログの更新情報を配信しています!
>中小企業診断士2次試験対策専門校「AAS東京」

中小企業診断士2次試験対策専門校「AAS東京」

私たちは大手受験校ではありません。
2次試験に特化した指導を得意とする、少人数制の専門校です。
創立以来、どうすれば2次試験に効率よく合格できるのか、 このことだけを追求し、研究してきました。その結果得られた答えは・・・

CTR IMG