H30年度事例1(得点 66点)

第1問(配点20点)

理由は、①ニッチ市場に集中することで、A社のコアテクノロジーであるセンサー技術に集中特化する事で付加価値を高め差別化を図る為、②消費者市場等大手・中堅のメーカとの競争が激しくブランド力に劣り不利な為。

第2問(配点40点)

(設問1)

理由は、①ニッチ市場に集中することで50名の9割を占める技術者の経営資源の分散を避け開発の効果・効率を高める為、➁最終消費者の多様なニーズ対応するには、販路等の管理強化が必要であり、人員増を招くため。

(設問2)

違いは、①以前に開発した製品は、売り切り型の事業展開では収益も一過性で不安定なことに対し、➁複写機関連製品は、リーマンショック等景気が後退しても、消耗品等が安定・継続して売り上げがあがる特性がある。

第3問(配点20点)

技術3部門の専門知識を融合することにより、シナジー効果で、時流を先読みした先進的な開発を狙った為、➁各部門の部門長に役員を起用することにより、開発の業務サポートと生産委託先調整業務への対応力強化の為。

第4問(配点20点)

①開発部門のサポート業務、生産委託先の調整業務も公正に評価する評価制度を確立し、全社一体伝でのチャレンジ精神を醸成する、➁販売委託先との情報交換を密にし、ニーズ収集を図り時代を先読みした独創性を強化する。

 

本ブログの更新情報を配信しています!
>中小企業診断士2次試験対策専門校「AAS東京」

中小企業診断士2次試験対策専門校「AAS東京」

私たちは大手受験校ではありません。
2次試験に特化した指導を得意とする、少人数制の専門校です。
創立以来、どうすれば2次試験に効率よく合格できるのか、 このことだけを追求し、研究してきました。その結果得られた答えは・・・

CTR IMG