H30年度事例1(得点 63点)

第1問(配点20点)

①景気低迷に伴う大手メーカー向け納入での競争激化を避ける為、②ニッチ市場に向けた製品を開発・販売する事で、ニッチャーとして市場優位性を確立する為

第2問(配点40点)

(設問1)

理由は、①A社従業員の内9割が技術者で、最終消費者対応に充てる余力がなかった為、②営業兼務する管理社員が5名程度しかおらず、また販売も委託している為、最終顧客ニーズを掴めなかったから。

(設問2)

違いは、既存製品は販売した時点で取引が完了する売切り型の事業であるのに対し、複写機関連製品は複写機の再生やトナーなどの消耗品も販売し、顧客と継続的接触を図れる点。

第3問(配点20点)

目的は、①機能別組織とする事で専門性を高め、強みである開発力を強化する為、②製品開発部門において専門知識有する技術者の混成チームを置く事で、優秀な人材・ノウハウを共有する為。

第4問(配点20点)

①技術者として新卒採用する事で、組織思考の多様化を図る。②新規製品等の提案制度を設ける。③権限移譲を進めることにより、従業員の自律性を高める。以上により、従業員士気向上・組織活性化図る。

 

本ブログの更新情報を配信しています!
>中小企業診断士2次試験対策専門校「AAS東京」

中小企業診断士2次試験対策専門校「AAS東京」

私たちは大手受験校ではありません。
2次試験に特化した指導を得意とする、少人数制の専門校です。
創立以来、どうすれば2次試験に効率よく合格できるのか、 このことだけを追求し、研究してきました。その結果得られた答えは・・・

CTR IMG