令和6年度第1回2次公開模試のお申込み受付中です!(開催日:4月28日・29日、お申込み締切:4月21日)詳細・お申込み

H30年度事例1(得点 62点)

第1問(配点20点)

理由は長引く不況の中、市場に受け入れられない製品も多く同業者との差別化集中戦略のもと、自社技術を応用した新製品開発でニッチ市場を狙い、優位性確保とリスク分散を行った。

第2問(配点40点)

(設問1)

人員構成は、技術者が9割で生産・販売を他社に委託している。このため理由は品種が多岐でニーズ把握が必要な最終消費者向け製品でなく、技術者の強みを活かした法人向けの製品開発で売上確保したかったため。

(設問2)

違いは、以前の製品の事業特性は、開発した製品の販売時点で取引終了の売り切り型事業であり、新規事業は市場成長を予測して先行投資し新製品を開発し、販売(取引?)後も継続した関係で継続した取引を行った。

第3問(配点20点)

目的は①専門知識別から機能性部門への改変で組織の効率化、開発力の強化、②専門技術者をほぼ同数配置する混成チームでコミュニケーションを活性化し新しい技術の取り込み、製品開発を促す狙いがある。

第4問(配点20点)

A社は、①中途採用者の希望に沿った適正な配置、②製品開発の提案制度の導入、③学会への参加奨励、学会成績優秀者の表彰制度、技術者のCDPの導入による能力開発でモラール向上を図り独創性を維持する。

 

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次