CATEGORY

H30年度事例1

  • 2019年4月26日

H30年度事例1(得点 56点)

第1問(配点20点) 理由は、規模の大きな市場では経済の動向により大手企業からの受注が大きく変動し、場合により売上が危機的に落ち込み経営が不安定になるからである。ニッチ市場で専門化戦略を取ることでより安定するからである。(99字) 第2問(配点40点 […]

  • 2019年4月24日

H30年度事例1(得点 63点)

第1問(配点20点) 理由は、①A社のコアテクノロジーであるセンサー技術が優れており、模倣されにくいものであるため、②販売先を多様化することができたことによって、顧客からの価格の引き下げ圧力がかかりにくくなっているため。 第2問(配点40点) (設問 […]

  • 2019年4月21日

H30年度事例1(得点 36点)

第1問(配点20点) 理由は①大企業との競争を回避してA社のコア技術であるセンサー技術を活かすため②先行投資を行い市場の成長性を待つため。情報通信技術の急速な進歩に伴って事務機器市場が大きく変化しA社の成長につながった。 第2問(配点40点) (設問 […]

  • 2019年4月20日

H30年度事例1(得点 66点)

第1問(配点20点) 理由は、①市場規模が小さいため、大手企業が参入せず、競争回避が図れるため、②中小企業のA社でも、市場シェアが獲得できるため、③他社の参入が少ないため競争が激化せず、安定的な収入が得られるためである。 第2問(配点40点) (設問 […]

  • 2019年4月14日

H30年度事例1(得点 45点)

第1問(配点20点) 理由は、ニッチ市場では、①電子機器開発に特化することで競合より迅速に製品を提供できるため、②研究開発に専門化して生産や販売を委託するパートナーと連携を図ることで幅広い製品分野に対応できるため、である。 第2問(配点40点) (設 […]

  • 2019年4月14日

H30年度事例1(得点 65点)

第1問(配点20点) 理由は、①時流を先読みし、情報通信技術の急速な進歩に対応する事で競合に対して先行優位を確立する為、②規模の小さな市場において自社の技術的優位性を確立する事で、競合に対する参入障壁を築ける為、である。 第2問(配点40点) (設問 […]

  • 2019年3月31日

H30年度事例1(得点 54点)

第1問(配点20点) 理由は、①コアテクノロジーであるセンサー技術が活かせるニッチ市場に特化し技術力を向上し他社と差別化し、②自社技術を応用し様々な新製品開発にチャレンジし主力取引先向け電子機器製造への依存度を低下するため。 第2問(配点40点) ( […]

  • 2019年3月19日

H30年度事例1(得点 63点)

第1問(配点20点) 理由は①大企業がターゲットとしないニッチな市場に経営資源を集中し②情報通信技術の急速な進歩に伴い事務機器市場が大きく変化する中で、高い技術力により差別化した製品を開発するため。 第2問(配点40点) (設問1) 理由は①技術者が […]

  • 2019年3月19日

H30年度事例1(得点 43点)

第1問(配点20点) 理由は、①バブル経済の崩壊によって急激な事業縮小を迫られ、経営リスク分散の必要があったから、②コアテクノロジーであるセンサー技術を応用した様々な新製品開発にチャレンジし、差別化できたから、である。 第2問(配点40点) (設問1 […]

  • 2019年3月19日

H30年度事例1(得点 73点)

第1問(配点20点) 理由は、①規模の小さな市場では規模の経済性を追求する大手企業との競争を回避できる、②ニッチ市場において研究開発型の中小企業であるA社が経営資源を集中することにより技術力向上で差別化を図ることができるから。 第2問(配点40点) […]

>中小企業診断士2次試験対策専門校「AAS東京」

中小企業診断士2次試験対策専門校「AAS東京」

私たちは大手受験校ではありません。
2次試験に特化した指導を得意とする、少人数制の専門校です。
創立以来、どうすれば2次試験に効率よく合格できるのか、 このことだけを追求し、研究してきました。その結果得られた答えは・・・

CTR IMG