AASこだわり便

2次公開模試教材 全科目セット(平成30年度)  (tokyo0007) 販売価格(税別) ¥9,500 再ダウンロード…

ダウンロード販売ですので、購入後すぐに教材をダウンロードして学習を開始できます。ゴールデンウィークの学習に如何でしょうか。

  • 2019年4月14日
  • 2019年4月14日

H30年度事例3(得点 50点)

第1問(配点20点) 理由は、①金型の設計、製作から成型まで対応できる体制を社内に構築したこと、②工業団地組合が中心となり、共同受注や共同開発の実施などの体制が取れたことである。 第2問(配点20点) 問題点は、成型機の段取時間が長時間となっているこ […]

  • 2019年4月14日
  • 2019年4月14日

H30年度事例2(得点 53点)

第1問(配点25点) 顧客は、昔なじみのビジネス客がメインだが減少傾向にあり、インウンド客をあまり取り込めていない、②競合は、離れた駅前のみで、市街地中心部には競合がなく独占状況である。③自社はホームページの外国語対応や、外国語でのコミュニケーション […]

  • 2019年4月14日
  • 2019年4月14日

H30年度事例1(得点 66点)

第1問(配点20点) 理由は、①市場規模が小さいため、大手企業が参入せず、競争回避が図れるため、②中小企業のA社でも、市場シェアが獲得できるため、③他社の参入が少ないため競争が激化せず、安定的な収入が得られるためである。 第2問(配点40点) (設問 […]

  • 2019年4月13日
  • 2019年4月14日

H30年度事例4(得点 68点)

第1問(配点24点) (設問1) (a) (b) ① 自己資本比率 35.59(%) ② 売上高対販管費率 22.95(%) ③ 有形固定資産回転率 17.08(回) (設問2) 資本剰余金が豊富で安全性が優れている一方、販管費に占める人件費の抑制と […]

  • 2019年4月13日
  • 2019年4月14日

H30年度事例3(得点 68点)

第1問(配点20点) 理由は①金型設計・製作部門を持ち、技術力を強化し顧客の成形加工品のコスト低減ノウハウを蓄積してきた、②工業団地の中小企業と共同受注・開発により助け合ってきたため。 第2問(配点20点) 問題点は、①段取り作業に長時間を要している […]

  • 2019年4月13日
  • 2019年4月14日

H30年度事例2(得点 70点)

第1問(配点25点) ①顧客:なじみ客は8割で高齢化が進み減少傾向である。インバウンド客は2割だがX市来街数はこの10年で約6倍に急増し集客の機会がある。②競合:X市街中心部には存在しない。③自社:強みは和の風情や文化の香りの維持、従業員の外国語対応 […]

  • 2019年4月13日
  • 2019年4月14日

H30年度事例1(得点 45点)

第1問(配点20点) 理由は、ニッチ市場では、①電子機器開発に特化することで競合より迅速に製品を提供できるため、②研究開発に専門化して生産や販売を委託するパートナーと連携を図ることで幅広い製品分野に対応できるため、である。 第2問(配点40点) (設 […]

  • 2019年4月7日
  • 2019年4月14日

H30年度事例4(得点 68点)

第1問(配点24点) (設問1) (a) (b) ① 負債比率 181.01(%) ② 売上対販売費及び一般管理費率 22.95(%) ③ 有形固定資産回転率 17.08(回) (設問2) 内部留保が厚く資本の安定性は高い一方で、外注費が大きいため収 […]

  • 2019年4月7日
  • 2019年4月14日

H30年度事例3(得点 58点)

第1問(配点20点) 理由は、①金型の設計から製作まで対応できる体制を構築し、資格取得者の養成など技術力の強化を行い、②顧客企業の整形加工品のコスト低減のノウハウを蓄積できた為。 第2問(配点20点) 問題点は、成型機の段取り時間が長時間となっている […]

  • 2019年4月7日
  • 2019年4月14日

H30年度事例2(得点 76点)

第1問(配点25点) 顧客は、昔馴染みのビジネス客が8割、インバウンド客が2割であり、ビジネス客は高齢化で減少傾向、インバウンド客は急増している。競合は駅前に2軒チェーン系ビジネスホテルがあるが、市街地中心部はB社のみである。自社の強みはX市市街地中 […]

>中小企業診断士2次試験対策専門校「AAS東京」

中小企業診断士2次試験対策専門校「AAS東京」

私たちは大手受験校ではありません。
2次試験に特化した指導を得意とする、少人数制の専門校です。
創立以来、どうすれば2次試験に効率よく合格できるのか、 このことだけを追求し、研究してきました。その結果得られた答えは・・・

CTR IMG