CATEGORY

H30年度事例1

  • 2019年3月19日

H30年度事例1(得点 50点)

第1問(配点20点) 理由は、①大規模市場は、経営資源が豊富な大企業との競争で競争優位の発揮が困難な為、②小規模市場は、競合が少なく、取引先の声を反映し、A社の強みである研究開発力を発揮し、競争優位を発揮できる為。 第2問(配点40点) (設問1) […]

  • 2019年3月19日

H30年度事例1(得点 42点)

第1問(配点20点) 理由は、①不況による既存事業の縮小により、大手企業が参入しないニッチ市場に向けた新製品開発を余儀なくされたから、②強みであるセンサー技術による新製品開発では、事業の柱を育てられなかったから、である。 第2問(配点40点) (設問 […]

  • 2019年3月19日

H30年度事例1(得点 63点)

第1問(配点20点) 理由は、①主力取引先への依存体質からの脱却を図ろうとしたから、②経営資源に限界があり、大規模市場では機動的に対応できないから、②大手企業との競争回避による差別化を図ろうとしたから、である。 第2問(配点40点) (設問1) 理由 […]

  • 2019年3月19日

H30年度事例1(得点 47点)

第1問(配点20点) 理由は、①電子機器開発に特化し、生産や販売を他社に委託しニッチ市場に向けた高精度の製品開発に注力した為、②独自開発したトレーサビリティ装置や追尾型太陽光発電システム等は規模の小さなニッチ市場であった為。 第2問(配点40点) ( […]

  • 2019年3月19日

H30年度事例1(得点 66点)

第1問(配点20点) 理由は、①ニッチ市場に集中することで、A社のコアテクノロジーであるセンサー技術に集中特化する事で付加価値を高め差別化を図る為、②消費者市場等大手・中堅のメーカとの競争が激しくブランド力に劣り不利な為。 第2問(配点40点) (設 […]

  • 2019年3月19日

H30年度事例1(得点 73点)

第1問(配点20点) 理由は、限られた経営資源で開発成果を収益化するため、大手との開発競争を避け、相対的に小さな市場を選択し、開発・技術力を生かしてシェアを高める集中戦略を採用したためである。 第2問(配点40点) (設問1) A社の人員構成は技術者 […]

  • 2019年3月19日

H30年度事例1(得点 56点)

第1問(配点20点) 理由は、①開発した製品全てが市場に受け入れられるわけではないので、相対的に小規模な複数の市場に分散してリスクを低減するため、②A社の資本金規模、従業員規模では、大手が参入する市場での競争は難しいため。 第2問(配点40点) (設 […]

  • 2019年3月19日

H30年度事例1(得点 53点)

第1問(配点20点) 理由は、①時流を先読みし、ニッチ市場で事業展開する事で差別化を図り、継続的に安定した収入源とする為②小さな市場に特化する事で経営資源を集中でき、独自性を磨いて事業の柱となる製品を生み出していく為である。 第2問(配点40点) ( […]

  • 2019年3月19日

H30年度事例1(得点 62点)

第1問(配点20点) 理由は長引く不況の中、市場に受け入れられない製品も多く同業者との差別化集中戦略のもと、自社技術を応用した新製品開発でニッチ市場を狙い、優位性確保とリスク分散を行った。 第2問(配点40点) (設問1) 人員構成は、技術者が9割で […]

  • 2019年3月19日

H30年度事例1(得点 51点)

第1問(配点20点) 理由は①強みを活かして限られた経営資源で対応する、②存続をかけてニッチ市場に向けて試行錯誤を重ねる、③市場の変化を予測していた、④共同プロジェクトのネットワークを活かせる、ことで、競争優位に立てる為。 第2問(配点40点) (設 […]

>中小企業診断士2次試験対策専門校「AAS東京」

中小企業診断士2次試験対策専門校「AAS東京」

私たちは大手受験校ではありません。
2次試験に特化した指導を得意とする、少人数制の専門校です。
創立以来、どうすれば2次試験に効率よく合格できるのか、 このことだけを追求し、研究してきました。その結果得られた答えは・・・

CTR IMG