H30年度事例1(得点 38点)

第1問(配点20点)

理由は、大規模な市場では、①大手企業の参入が多く、競争優位を築くのが困難だから、②外部環境の変化による取引先の事業の変動が大きくリスクが大きいから、③市場が成熟しており差別化が困難だから、である。

第2問(配点40点)

(設問1)

理由は、①社員のうち技術者が9割近くを占めるため、最終消費者向けの製品開発に必要な営業販売、検査体制が構築できないから、②ほとんどが正規社員であり、顧客対応やルーティン業務が非効率だから、である。

(設問2)

違いは、従来の製品の事業が、取引先の顕在化したニーズを満たすために製品開発を目指すのに足して、複写機関連事業では、技術が進展段階であり潜在的な顧客ニーズを喚起することを目指している点である。

第3問(配点20点)

目的は、①専門知識を有する技術者を同じグループに配置することで、製品開発に資するシナジー効果を期待したこと、②品質管理部門と生産技術部門について、複数の生産委託先との調整業務の専門性を高めること。

第4問(配点20点)

A社は、①従業員の業績・成果に応じて昇進させるなど、適切なキャリアパスを整備することでチャレンジ精神を維持し、②一定の条件下で個人的な研究を業務時間中に行うことを許可し、独創性の維持に取組むべき。

 

本ブログの更新情報を配信しています!
>中小企業診断士2次試験対策専門校「AAS東京」

中小企業診断士2次試験対策専門校「AAS東京」

私たちは大手受験校ではありません。
2次試験に特化した指導を得意とする、少人数制の専門校です。
創立以来、どうすれば2次試験に効率よく合格できるのか、 このことだけを追求し、研究してきました。その結果得られた答えは・・・

CTR IMG