H30年度事例1(得点 47点)

第1問(配点20点)

少人数の技術者により強みであるセンサー技術を活かして研究開発するには規模の大きな市場ではターゲットとしてそぐわず、相対的に規模の小さい市場で研究開発する方が同業他社と差別化できると考えたためである。

第2問(配点40点)

(設問1)

技術者が9割近くを占め強みであるセンサー技術を活かし少人数の技術者で研究開発を行っており、製品ごとに異なる顧客の要望に応じて製品開発をすることが困難であるためである。

(設問2)

経営危機以前に開発してきた製品は開発した製品を販売した時点で取引が完了する売切り型の特性があるが、複写機関連製品は製品を販売した後も複写機の再生品や部品、消耗品の販売を通し取引が継続する特性である違い。

第3問(配点20点)

専門知識別に部門化されていた組織を複写機関連製品事業が先細り傾向になった際に、各グループごとに各々の専門知識を持つ技術者を均等に配置し知識を融合し新しい技術を取り込み製品領域の拡大を志向したためである。

第4問(配点20点)

現状、各部門を役員が統括しているがチャレンジ精神や独創性を維持するため、権限委譲により管理職候補に権限・責任を持たせるようにする。また、管理職として必要な知識や経験を身に付けるため社内で育成する。

 

本ブログの更新情報を配信しています!
>中小企業診断士2次試験対策専門校「AAS東京」

中小企業診断士2次試験対策専門校「AAS東京」

私たちは大手受験校ではありません。
2次試験に特化した指導を得意とする、少人数制の専門校です。
創立以来、どうすれば2次試験に効率よく合格できるのか、 このことだけを追求し、研究してきました。その結果得られた答えは・・・

CTR IMG