H30年度事例1(得点 47点)

第1問(配点20点)

理由は、①電子機器開発に特化し、生産や販売を他社に委託しニッチ市場に向けた高精度の製品開発に注力した為、②独自開発したトレーサビリティ装置や追尾型太陽光発電システム等は規模の小さなニッチ市場であった為。

第2問(配点40点)

(設問1)

理由は、①社員の約9割が技術者で高精度の製品開発に絞り込んだ為、②大口顧客は事務機器を販売していたフランチャイズ・チェーンであり最終消費者に向けた製品開発に注力しなかった為。

(設問2)

違いは、従来の事業特性が①売切り型の事業、②受け身の製品開発、③主力に依存した事業特性である一方、複写機の事業特性は、①自社技術を応用した新製品開発、②主力に依存しない多様で幅広い製品である点。

第3問(配点20点)

目的は、①機能別組織にし専門性を高め規模の経済性を追求する為、②統括部門長を配置し権限集中化により命令一元化を強化する為、③各専門知識をもつ技術者による混成チームとし意思疎通を促し組織活性化を図る為。

第4問(配点20点)

取り組むべき事は、①目標管理制度を導入し、公平・透明・納得感を与え自主性を発揮させ、②共同プロジェクト参画や産学連携を促し技術開発能力を高め、③時短制度や各種休暇制度を導入し衛生要因を充足させる事。

 

本ブログの更新情報を配信しています!
>中小企業診断士2次試験対策専門校「AAS東京」

中小企業診断士2次試験対策専門校「AAS東京」

私たちは大手受験校ではありません。
2次試験に特化した指導を得意とする、少人数制の専門校です。
創立以来、どうすれば2次試験に効率よく合格できるのか、 このことだけを追求し、研究してきました。その結果得られた答えは・・・

CTR IMG