H30年度事例1(得点 40点)

第1問(配点20点)

理由は、①市場規模が小さく、A社社長が変化の予測が可能であるため、②同業者が撤退するなど、競争相手が少ないため、③A社の技術の強みを活かして開発した製品が、顧客ニーズを満たすことができるため、である。

第2問(配点40点)

(設問1)

理由は、①技術者が人員の90%を占めるため、顧客ニーズの把握が重要な最終消費者の製品開発に対応する力が弱いため、②実力主義の地元出身の中途採用者が多く、市場の変化が激しく公平な評価基準の作成が難しいため。

(設問2)

違いは、①以前に開発してきた製品は、取引先や顧客などの声を反映した受け身で、顕在化した顧客ニーズに対応する点、②複写機関関連製品は、時流を先読みし先進的で、潜在的な顧客ニーズに対応する点、である。

第3問(配点20点)

目的は、①製品開発部門を専門知識を有する各部門の混成チームとすることで、技術的なシナジー効果を発揮すること、②品質管理部門や生産部門がサポートや調整業務を担うことで、製品開発部門の専門性をたかめること。

第4問(配点20点)

取り組みは、①チャレンジ精神を維持するため、新規事業の目標を設定して共有し、実力主義の文化を進化させること、②独創性を維持するため、プロジェクトチームや社内ベンチャー制度を推進し、専門性を高めること。

 

本ブログの更新情報を配信しています!
>中小企業診断士2次試験対策専門校「AAS東京」

中小企業診断士2次試験対策専門校「AAS東京」

私たちは大手受験校ではありません。
2次試験に特化した指導を得意とする、少人数制の専門校です。
創立以来、どうすれば2次試験に効率よく合格できるのか、 このことだけを追求し、研究してきました。その結果得られた答えは・・・

CTR IMG