H30年度事例1(得点 44点)

第1問(配点20点)

理由は、①規模の小さなニッチ市場は、大手市場と異なり、バブル経済崩壊等の影響を受け辛いため、②A社のコアテクノロジーであるセンサー技術を生かした独自の差別化商品を継続して安定供給し、事業の柱にできる為。

第2問(配点40点)

(設問1)

理由は、①従業員のほとんどが技術者の機能別組織のため、権限と責任が委譲されず消費者ニーズを的確に商品化できなかったから、②ファブレス企業のため、最終消費者のニーズに合わせた商品開発の文化がなかったから。

(設問2)

事業特性は、以前は開発した製品を販売した時点で取引が終了する売り切り型であったが、複写機は周辺の情報通信技術分野にも視野を広げ、強みを生かした新規事業や製品開発を行い、事業範囲を拡大できたこと。

第3問(配点20点)

目的は、時流を先読みした先進的な事業展開を進めるために、①各部門に横串を刺して人材流動性を高めた混成チームとし、②生産開発部門の業務をサポートすると同時に、複数の生産委託先との調整業務強化を図ったこと。

第4問(配点20点)

取り組みは、①大手・中堅メーカーとの共同プロジェクトに積極的に参画させ、能力向上を図り、独創性を高め、②伝統的な家族主義的要素による温かな、長期的視点でモラール向上を図り、チャレンジ精神を高めること。

 

本ブログの更新情報を配信しています!
>中小企業診断士2次試験対策専門校「AAS東京」

中小企業診断士2次試験対策専門校「AAS東京」

私たちは大手受験校ではありません。
2次試験に特化した指導を得意とする、少人数制の専門校です。
創立以来、どうすれば2次試験に効率よく合格できるのか、 このことだけを追求し、研究してきました。その結果得られた答えは・・・

CTR IMG