H30年度事例1(得点 48点)

第1問(配点20点)

理由は、①主力取引先に売上8割を依存しバブル崩壊により売上の落ち込みを経験したので、事業リスク分散を図るため、②高精度な製品開発の技術力をニッチ市場に供給することで、事業継続の収入源を確保するため。

第2問(配点40点)

(設問1)

理由は、①技術者が9割近くを占めているので、高精度な製品開発の技術力を活用できる企業向けに特化したため、②管理業務を5名程度で兼務しているので、最終消費者向けの新市場開拓の経営資源を確保できなかった。

(設問2)

違いは、①開発した製品は販売した時点で取引が完了する売切り型だが、複写機はトナーや部品で継続した取引を行えること、②複写機関連製品は情報通信技術の進歩で、研究開発企業の強みを活用して市場参入が見込めるため。

第3問(配点20点)

目的は、①製品開発・品質管理・生産技術に機能を専門化した組織にすることで、知識を集約して効率化を図ること、②研究開発に特化するため、各部門に権限を委譲して権限と責任を明確化して意思決定を迅速化すること。

第4問(配点20点)

取り組みは、①技術者の申請特許や開発状況の情報を共有し、実力主義の技術者のチャレンジ精神を向上させること、②中途採用者の知識を活用して定期的に勉強会を開催し、幅広く知識とノウハウを身に付け独創性を出す。

 

本ブログの更新情報を配信しています!
>中小企業診断士2次試験対策専門校「AAS東京」

中小企業診断士2次試験対策専門校「AAS東京」

私たちは大手受験校ではありません。
2次試験に特化した指導を得意とする、少人数制の専門校です。
創立以来、どうすれば2次試験に効率よく合格できるのか、 このことだけを追求し、研究してきました。その結果得られた答えは・・・

CTR IMG