H30年度事例1(得点 42点)

第1問(配点20点)

理由は、①不況による既存事業の縮小により、大手企業が参入しないニッチ市場に向けた新製品開発を余儀なくされたから、②強みであるセンサー技術による新製品開発では、事業の柱を育てられなかったから、である。

第2問(配点40点)

(設問1)

理由は、①主力取引先に売上を依存していたため、最終消費者に向けた製品の営業に人員を割けなかったから、②新製品開発に必要な技術者を積極的に採用したため、結果的に人員の9割を技術者が占めたから、である。

(設問2)

違いは、①電子機器などの製品の事業特性は、製品を販売した時点で取引が完了する売切り型であるのに対し、②複写機関連製品の事業特性は、部品やトナーなどの消耗品の再生など、再生型事業である点、である。

第3問(配点20点)

目的は、①現状4割を占める独自開発製品の売上構成比 を向上するため、②機能別に組織を再編することで高い専門性を発揮させるため、③製品毎にグループ化し円滑なコミュニケーションを促進するため、である。

第4問(配点20点)

A社は、①原則採用しなかった新卒社員を採用し、長期的に育成することで、社員のチャレンジ精神を維持すること、②在宅勤務制度など柔軟な勤務制度を導入することにより、社員の独創性を維持すること、を助言する。

 

本ブログの更新情報を配信しています!
>中小企業診断士2次試験対策専門校「AAS東京」

中小企業診断士2次試験対策専門校「AAS東京」

私たちは大手受験校ではありません。
2次試験に特化した指導を得意とする、少人数制の専門校です。
創立以来、どうすれば2次試験に効率よく合格できるのか、 このことだけを追求し、研究してきました。その結果得られた答えは・・・

CTR IMG