R03年度事例4(得点 60点)

第1問(配点30点)

(設問1)
(a) (b)
有形固定資産回転率 9.56(回)
棚卸資産回転率 25.79(回)
売上高営業利益率 0.32(%)
自己資本比率 19.85(%)
(設問2)

一定の固定客がおり効率性が高い。競合との競争激化により収益性と安全性が低く、顧客サービスの向上と人件費削減、利益積み上げによる自己資本の改善が課題。

第2問(配点30点)

(設問1)
(a) 34,000,000円
(b) CF = (COF削減額-減価償却-除却損)×(1-税率) + 減価償却費 + 除却損 =(25,000,000 - 2,100,000/6×100 - 20,000,000)×(1-0.3) + 2,100,000/6×100 + 20,000,000=34,000,000
(設問2)
NPV = -初期投資額 + 各期のCF×現価係数
= (-2,100,000×100 + 80,000×100) + (34,000,000×0.943) + (28,000,000×(0.890+0.840+0.792+0.747+0.705))
= -202,000,000 + 32,062,000 + 111,272,000
= -58,666,000
NPVが負のため取替投資は実施しない。
(設問3)
(a) 白紙
(b) 白紙

第3問(配点20点)

(設問1)
32,143 kg
(設問2)
(a) 38,572 kg
(b) 各販売数量レンジでの最高利益は
0~20,000kg以下:20,000×1,400-(18,000,000/50,000×20,000)-12,000,000=8,800,000
20,000~30,000kg以下:30,000×1,240-(18,000,000/50,000×30,000)-12,000,000=14,400,000
30,000~40,000kg以下:40,000×1,060-(18,000,000/50,000×40,000)-12,000,000=16,000,000
40,000~50,000kg以下:50,000×860-(18,000,000/50,000×50,000)-12,000,000=13,000,000

よって30,000~40,000kg以下のレンジで目標利益が達成できる。目標を達成する販売数量をXとおくと、
X×1,060 - 18,000,000/50,000×X -12,000,000≧15,000,000となり
X≧38,571.42
つまりX≧38,572kg

第4問(配点20点)

(設問1)

販売業務が不要になり収益性が向上する。販売車両が現金化でき短期安全性が向上する。

(設問2)

顧客の高齢化等外部環境の変化に伴い、シナジーの発揮、収益性回復の可能性があるため。

 

本ブログの更新情報を配信しています!
>中小企業診断士2次試験対策専門校「AAS東京」

中小企業診断士2次試験対策専門校「AAS東京」

私たちは大手受験校ではありません。
2次試験に特化した指導を得意とする、少人数制の専門校です。
創立以来、どうすれば2次試験に効率よく合格できるのか、 このことだけを追求し、研究してきました。その結果得られた答えは・・・

CTR IMG