R02年度事例4(得点 61点)

第1問(配点25点)

(設問1)
(a) (b)
棚卸資産回転率 3.91(回)
売上高経常利益率 1.65(%)
自己資本比率 15.82(%)
(設問2)

顧客志向で地域の評判が高く効率性高い。反面、顧客対応の費用や借入大で収益性が低く、よって利益の蓄積も進まず安全性も低い。

第2問(配点30点)

(設問1)
(a) 損益分岐点売上高をX百万円とする。
変動比率は {70×39/60+(X-70)×0.60}÷X=(0.6X+3.5)/X  よって、 28÷{1-(0.6X+3.5)/X }=X      28=X×(0.4X-3.5)/X=0.4X-3.5              0.4X=31.5                           X=78.75
(b) 78.75 百万円
(設問2)

(a)

(ⅰ) 年間広告料 15÷3=5                      当初3年間の収入の期待値  35×0.7+△5×0.3=23       効果が出る場合 (35-5)×(0.735+0.681)×0.7=29.736    効果が出ない場合 △5×(0.735+0.681)×0.3=△2.124   CFの合計は                           23×(0.926+0.857+0.794)+29.736+△2.124=86.883
(ⅱ) 86.88 百万円

(b)

(ⅰ)
(ⅱ)

(c)

第3問(配点20点)

(設問1)

差異100百万円は負ののれん代として純資産の部に計上し、相応期間で減額する。

(設問2)

当期純損失を計上しているため、営業CFを算出して企業価値を算定したうえで買収の可否を判断するべき。

第4問(配点25点)

(設問1)
(a) 4.31 %
(b) 2.55 %
(設問2)
1.43 %
(設問3)

(a)事業の成長段階を反映していない。

(b)営業CFによる評価も追加する。

本ブログの更新情報を配信しています!
>中小企業診断士2次試験対策専門校「AAS東京」

中小企業診断士2次試験対策専門校「AAS東京」

私たちは大手受験校ではありません。
2次試験に特化した指導を得意とする、少人数制の専門校です。
創立以来、どうすれば2次試験に効率よく合格できるのか、 このことだけを追求し、研究してきました。その結果得られた答えは・・・

CTR IMG