令和6年度第1回2次公開模試のお申込み受付中です!(開催日:4月28日・29日、お申込み締切:4月21日)詳細・お申込み

R02年度事例4(得点 66点)

第1問(配点25点)

(設問1)
(a) (b)
売上債権回転率 126.53(回)
売上高営業利益率 2.15(%)
当座比率 28.74(%)
(設問2)

売上債権の効率性は高いが、顧客対応のための費用や飲食店の赤字などの要因で収益性が低く、流動負債が多いことから安全性も低い。

第2問(配点30点)

(設問1)
(a) 売上高70百万の時の限界利益は、70×35%=24.5百万
追加で必要な売上をxとすると、x×40%=3.5百万
∴x=8.75百万
(b) 78.75 百万円
(設問2)

(a)

(ⅰ)
(ⅱ)

(b)

(ⅰ) 営業CFの期待値は25百万×40%+15百万×60%=19百万/年
但し、20X2年度は9.5百万/年
(ⅱ)

(c)

第3問(配点20点)

(設問1)

E社の純資産額と買収価格の差額を貸借対照表の資産の部に負ののれんとして計上する。

(設問2)

当期純損失の要因を調査し、利益改善のための方策を検討すべきである。

第4問(配点25点)

(設問1)
(a) 4.31 %
(b) 2.55 %
(設問2)
4.17 %
(設問3)

(a)中長期的な投資の効果が単年分しか表れない。

(b)案件ごとに一定期間のROIを算出する。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次