R02年度事例4(得点 67点)

第1問(配点25点)

(設問1)
(a) (b)
売上債権回転率 126.53(回)
当座比率 28.74(%)
売上高営業利益率 2.15(%)
(設問2)

特徴は、資金の効率性は高いが費用負担が重くステーキ店などが赤字で収益性が低く、短期借入金が多く短期安全性が低いこと。

第2問(配点30点)

(設問1)
(a) 損益分岐点売上=固定÷(1-変動比率)
=28/(1-0.65)=80
(b) 80 百万円
(設問2)

(a)

(ⅰ) 効果が出る場合:
NPV=35*(0.926+0.857+0.794+0.735)+(35+24)*0.681-5*(1+0.926+0.857+0.794+0735)
=134.54MM
効果が出ない場合:
NPV=-5*((0.926+0.857+0.794+0.735)+(-5+28)*0.681-5*(1+0.926+0.857+0.794+0735)
=-22.457MM
NPV=0.7*134.54-0.3*22.45=87.46MM
(ⅱ) 87.46 百万円

(b)

(ⅰ) CFの期待値:
1年目:(25*0.4+15*0.6)/2=9.5
2~5年目:19
NPV=-30+9.5*0.926+19*(0.857+0.794+0.735+0.681)+27*0.681
=55.46MM
(ⅱ) 55.46 百万円

(c)

第3問(配点20点)

(設問1)

E社の純資産額150万円と買収金額の差額100万円を負ののれんとして計上する。

(設問2)

E社の当期50百万円の純損失であり、短期安全性の低いD社が借入金をして買収するのはリスクが高いと助言する。

第4問(配点25点)

(設問1)
(a) 4.31 %
(b) 2.55 %
(設問2)
3.75 %
(設問3)

(a)事業のROIが低下すると投資が行われない。

(b)全社への貢献を評価に加えること。

本ブログの更新情報を配信しています!
>中小企業診断士2次試験対策専門校「AAS東京」

中小企業診断士2次試験対策専門校「AAS東京」

私たちは大手受験校ではありません。
2次試験に特化した指導を得意とする、少人数制の専門校です。
創立以来、どうすれば2次試験に効率よく合格できるのか、 このことだけを追求し、研究してきました。その結果得られた答えは・・・

CTR IMG