R02年度事例4(得点 74点)

第1問(配点25点)

(設問1)
(a) (b)
売上高総利益率 26.39(%)
有形固定資産回転率 5.30(回)
自己資本比率 15.82(%)
(設問2)

収益性は原価率が低い為売上高総利益率が高い一方、飲食事業での店舗数が多いなどから効率性が低く借入金も多く安全性も低い。

第2問(配点30点)

(設問1)
(a) a)損益分岐点売上高=固定費÷限界利益率
28÷0.4=70
(b) 70 百万円
(設問2)

(a)

(a)
(b)

(b)

(a)
(b)

(c)

第3問(配点20点)

(設問1)

E社純資産が134百万円なので、差額84百万円を負ののれん発生益として計上する。

(設問2)

D社の多額な借入金がさらに拡大するうえにE社の時価資産も低く、収益性も低いことから買収には大きなリスクがあると考える。

第4問(配点25点)

(設問1)
(a) 4.31 %
(b) 2.55 %
(設問2)
6.42 %
(設問3)

(a)売上規模が違う中、率で評価している点。

(b)各セグメントの利益額の増減で判断すべき。

本ブログの更新情報を配信しています!
>中小企業診断士2次試験対策専門校「AAS東京」

中小企業診断士2次試験対策専門校「AAS東京」

私たちは大手受験校ではありません。
2次試験に特化した指導を得意とする、少人数制の専門校です。
創立以来、どうすれば2次試験に効率よく合格できるのか、 このことだけを追求し、研究してきました。その結果得られた答えは・・・

CTR IMG