R02年度事例3(得点 57点)

第1問(配点20点)

(a)溶接や研磨の高い技術と、それを生かした高付加価値なモニュメント製品の受注増。

(b)納期の遅延の発生、作業スペースの狭隘化、製造担当者の技術力の格差。

第2問(配点40点)

(設問1)

(a)製造前プロセスに時間がかかり、特にモニュメント製品では造形物のイメージの摺り合わせに時間がかかる。

(b)製品ごとの担当者決めを顧客ごとに変更し、関係性を高めてイメージの摺り合わせの時間を短縮する。

(設問2)

(a)①作業チームの技術力に差がある、②モニュメント製品はデザイナーの最終検査後に手直しが発生、③作業スペースの狭隘化。

(b)①製作物の難度に合わせて作業チームの編成を変更する、②デザイナーの中間検査を実施して小幅修正にする、③5Sの徹底。

第3問(配点20点)

準備として、①製作物や顧客の情報をDB化、②作業者の熟練度をDB化、③組立・研磨工程を含めた全社の生産計画を策定してデータ化、④工程の標準化・マニュアル化、などを事前に進め、速やかなIT化を図る。

第4問(配点20点)

モニュメント製品事業の拡大のため、①顧客別の担当制として関係性を深め、提案営業を行って受注拡大を図り、②営業と製造が協働して納期の短縮に努め、③以上で得られたノウハウと高い技術力を訴求して新規取引を拡大するように営業体制を強化する。

本ブログの更新情報を配信しています!
>中小企業診断士2次試験対策専門校「AAS東京」

中小企業診断士2次試験対策専門校「AAS東京」

私たちは大手受験校ではありません。
2次試験に特化した指導を得意とする、少人数制の専門校です。
創立以来、どうすれば2次試験に効率よく合格できるのか、 このことだけを追求し、研究してきました。その結果得られた答えは・・・

CTR IMG