R02年度事例3(得点 61点)

第1問(配点20点)

(a)高い装飾性にも対応できる技術力、設計から据付まで受注できる体制を有していること。

(b)営業部と製造部それぞれで改善事項が多くあり、納期遅延が生じてしまうこと。

第2問(配点40点)

(設問1)

(a)制作図および施工図の顧客承認段階においてやり取りが多く発生し、時間を要するために制作時間を十分に確保できないこと。

(b)CADデータを初期から顧客と共有し、修正情報を都度反映させ、摺り合わせをスムーズに行うことで納期遅延を防ぐ。

(設問2)

(a)チーム毎の技術力の差や難易度を考慮した生産計画となっていること。また、基準となる工程順序等も標準化されていないこと。

(b)各班の熟練技術者による指導から技術力の平準化を図り、合わせて工数見積り等の基準を確立した上で生産計画に活かしていくこと。

第3問(配点20点)

管理情報をデータベース化し、組織で共有化することで全社的に情報を一元管理できるようにITを活用する。受注情報や製品仕様情報の共有から不要な打ち合わせを削減し、稼働情報の分析により業務プロセスの最適化を実現させ納期遅延を根絶させる。

第4問(配点20点)

モニュメント製品事業は受注量の変動が大きく過度に売上を依存しないよう経営リスクの分散を念頭に事業拡大を図る。またB社工場建屋の建替を行い最適なレイアウトを実現して大型の加工需要に応えつつ全社的改善活動から生産効率を改善させ事業充実を図る。

本ブログの更新情報を配信しています!
>中小企業診断士2次試験対策専門校「AAS東京」

中小企業診断士2次試験対策専門校「AAS東京」

私たちは大手受験校ではありません。
2次試験に特化した指導を得意とする、少人数制の専門校です。
創立以来、どうすれば2次試験に効率よく合格できるのか、 このことだけを追求し、研究してきました。その結果得られた答えは・・・

CTR IMG