R02年度事例2(得点 53点)

第1問(配点20点)

①Z社の要望に応えられた、ハーブの効能とB社の栽培技術や、社長の事業に対する姿勢。

②主力商品がハーブYだけであり、売り上げをZ社に依存し、影響を受けやすい点。

③Z社との取引実績を背景に、他社からの引き合いがある。島の豊かな自然と温暖な気候。

④Z社との取引量が減少している。島に耕作放棄地がある。農家の所得が減少している。

第2問(配点30点)

方向性は、ハーブYの持つ、健康・長寿の効能を訴求し、アンチエイジングに取り組む中高年層を標的顧客として、Z社以外の複数のヘルスケアメーカーにサプリメントの原料を供給することで依存リスクを下げていく。

第3問(配点30点)

(設問1)

既存製品であるハーブを新市場である新サイトを通じて20~50代の女性に販売しているので市場拡張戦略である。

(設問2)

コミュニケーション施策は、顧客からの悩みや使い方の疑問をサイト上で募り、それにB社がどのようなハーブをどのように使うか回答したり、顧客のユニークなハーブの使い方を採用したりする過程で新たな製品を作る。

第4問(配点20点)

プログラムは、大都市圏に住む20~50歳代の女性を標的に島の耕作放棄地を活用した自分だけのハーブ栽培体験とする。管理を地元農家に委託し所得増を狙い、B社サイトで畑を確認できるようにし継続的な関係を構築する。

本ブログの更新情報を配信しています!
>中小企業診断士2次試験対策専門校「AAS東京」

中小企業診断士2次試験対策専門校「AAS東京」

私たちは大手受験校ではありません。
2次試験に特化した指導を得意とする、少人数制の専門校です。
創立以来、どうすれば2次試験に効率よく合格できるのか、 このことだけを追求し、研究してきました。その結果得られた答えは・・・

CTR IMG