R02年度事例2(得点 54点)

第1問(配点20点)

①社長の高品質かつ安全性を追求する姿勢と無農薬で高品質なハーブの効率的な栽培方法。

②自社のハーブと島の知名度が大消費地圏で低いため自社ブランドのハーブがないこと。

③ハーブの安眠効果が注目を集めていることとハーブが島の顔として認知され始めたこと。

④Z社とのハーブの取引が徐々に減少し2~3年で製造が中止になる可能性があること。

第2問(配点30点)

取引先構成は、大手メーカーとの一社依存取引ではなく、多くの中小メーカーと取引することにより、多くの市場情報を収集して、異なるターゲット層を獲得するヒントを得る方向性が望ましいと助言する。

第3問(配点30点)

(設問1)

既存製品に眠る前に飲むハーブティーという新たなコンセプトを加え、安眠効果を求める新たな市場で販売する。

(設問2)

コミュニケーション施策は、①オンラインサイト上に質問コーナーを設け顧客の相談や要望を受け対応する、②電子掲示板を設け顧客同士でハーブに関する情報の交換をさせることにより口コミを促進させる、ことである。

第4問(配点20点)

B社は、ツアー参加者に、①B社の農園でハーブの収穫など農作業の体験をしてもらう、②島の静けさを体験するため、ハーブティを飲んでゆっくり寝てもらう、プログラムを立案スべきである。

本ブログの更新情報を配信しています!
>中小企業診断士2次試験対策専門校「AAS東京」

中小企業診断士2次試験対策専門校「AAS東京」

私たちは大手受験校ではありません。
2次試験に特化した指導を得意とする、少人数制の専門校です。
創立以来、どうすれば2次試験に効率よく合格できるのか、 このことだけを追求し、研究してきました。その結果得られた答えは・・・

CTR IMG