R02年度事例2(得点 58点)

第1問(配点20点)

①強みは①健康効能のあるハーブを無農薬、高品質で栽培するノウハウの保有、である。

②弱みは①Z社取引への依存②ハーブと島の知名度が低いこと、等である。

③機会は①消費者の健康志向拡大②島のハーブを食べる風習③絶景スポットの存在、である。

④脅威は①Z社製品の取引量減少②若年人口減や高齢化による地域の活力低下、等である。

第2問(配点30点)

望ましい取引構成は①取引依存による経営リスク低減のため異なる事業を行う複数会社と取引②シナジーを創出できる事業を行う会社と取引③顧客基盤を持つ取引先を選定④取引先同士の競合を避け継続的に取引、である。

第3問(配点30点)

(設問1)

ヘルスケア市場内で、安眠という別の健康需要に応えるハーブを提供する新製品開発戦略である。

(設問2)

健康に関心が高い人向けに①サイト上でハーブの安全品質や効能を紹介し訴求②BBS設置による双方向対話実施③関心のあるハーブや効能のリクエストページの設置、によりニーズを集め自社ブランド製品の開発に活かす。

第4問(配点20点)

島の訪問者に対しハーブ栽培体験プログラムを実施する。その際、ハーブの品質や効能の説明会、粉末加工工場の見学会、美しいハーブ畑での写真撮影会等も実施することで魅力を伝え、ファンになってもらう。

本ブログの更新情報を配信しています!
>中小企業診断士2次試験対策専門校「AAS東京」

中小企業診断士2次試験対策専門校「AAS東京」

私たちは大手受験校ではありません。
2次試験に特化した指導を得意とする、少人数制の専門校です。
創立以来、どうすれば2次試験に効率よく合格できるのか、 このことだけを追求し、研究してきました。その結果得られた答えは・・・

CTR IMG