R02年度事例1(得点 53点)

第1問(配点20点)

(設問1)

日本の文化や伝統に憧れる来訪者に対する200年の老舗ブランドと、旅館などのグループ企業とのシナジー効果によりグループ全体の事業を一層拡大させ、またこれにより地域経済の活性化に貢献すること。

(設問2)

理由は、事業継承を円滑に行うため。具体的には、①酒蔵経営ノウハウがなかったので、経営顧問契約を基に経営アドバイスを得るため、②酒蔵経営の人的資源がなく、ベテラン従業員の運営ノウハウが必要であったため。

第2問(配点20点)

手順は、①複雑な事務作業や取引サイトの商売情報に関する知識や経験を共有し、②これらを情報システム化に適するように整理し、③さらに各事業部門からの要望を取り入れて、情報システム化した、である。

第3問(配点20点)

求めた能力は、①これまでの営業先と異なる顧客を獲得するための、新規市場を開拓できる能力、②酒蔵の売上拡大のために、個人客や団体旅行客を酒蔵のレストランや日本酒バーへ集客させる能力、である。

第4問(配点40点)

留意点は、①業績に応じた成果給制度を導入して、モチベーション向上を図る、②各事業部門において権限移譲を進めと同時に、同族企業でも昇進できるキャリアパスを定めて、モラール向上を図る、である。

本ブログの更新情報を配信しています!
>中小企業診断士2次試験対策専門校「AAS東京」

中小企業診断士2次試験対策専門校「AAS東京」

私たちは大手受験校ではありません。
2次試験に特化した指導を得意とする、少人数制の専門校です。
創立以来、どうすれば2次試験に効率よく合格できるのか、 このことだけを追求し、研究してきました。その結果得られた答えは・・・

CTR IMG