R02年度事例1(得点 55点)

第1問(配点20点)

(設問1)

地元の有力者として、地域の発展が自らの事業の発展につながると考え、①飲食業経営や旅館買収・立て直しのノウハウを生かし②既存事業とのシナジー創出③後継者育成の場としての活用、といったビジョンを描いた。

(設問2)

理由は、酒造業は長年の経験が必要でベテラン杜氏・蔵人の力が欠かせず、また、取引先と関係を維持しスムーズな事業継承をするにはベテラン従業員・元社長の力が必要となるため。また、地元の雇用を維持するため。

第2問(配点20点)

手順は①取引先情報をDB化し売上情報等とともに管理し顧客管理をシステム化する。②ベテラン事務職員の業務の手順を洗い出してフロー図化し暗黙知を形式知とする。システム化対象とする業務を分別し優先順を決める。

第3問(配点20点)

伸ばした能力は顧客への提案力である。そのため①顧客から直接要望を引き出すヒアリング力②酒に関する深い商品知識③顧客のニーズに合わせた価値を提案するプレゼンテーション力を強化し、売上の伸長を実現した。

第4問(配点40点)

留意点は①長期的に優秀な人材を育成するためコンピテンシー評価とそれに連動した賃金制度を採用②グループ横断の人事交流で幅広いスキルの育成③非正規から正規社員への登用で雇用を生み地元の活性化につなげる事。

本ブログの更新情報を配信しています!
>中小企業診断士2次試験対策専門校「AAS東京」

中小企業診断士2次試験対策専門校「AAS東京」

私たちは大手受験校ではありません。
2次試験に特化した指導を得意とする、少人数制の専門校です。
創立以来、どうすれば2次試験に効率よく合格できるのか、 このことだけを追求し、研究してきました。その結果得られた答えは・・・

CTR IMG