R02年度事例1(得点 62点)

第1問(配点20点)

(設問1)

江戸時代から続く老舗ブランドの情報を日本の文化や伝統に憧れる来訪者に向けて発信することで事業を再生し、その結果、老舗ブランドの名前を守り、地域の雇用を生み出すことで、地域の活性化に貢献する。

(設問2)

理由は、①事業のコアコンピタンスである酒造りを学ぶため、②友好的に買収するために、前の経営者の想いを受け継いだこと、③自分の地域に貢献するという経営理念と買収の条件が合致したこと、などである。

第2問(配点20点)

手順は、まず①ベテラン事務員と一緒に仕事を行い、ベテラン事務員の暗黙知を共有した、②共有した暗黙知を書き出して形式知化した、③それら形式知を整理してまとめることで情報システム化を行った。

第3問(配点20点)

能力は、①杜氏や蔵人との橋渡し役を行うためのしっかりとした酒造りの知識、②直販をお行うための消費者とのコミュニケーション能力、③顧客のニーズを把握するためのマーケティング能力、などである。

第4問(配点40点)

留意点は、①グループ企業を横断した異動や配置を行うための共通の制度、②外国人の雇用に配慮した制度、③女性の活躍に配慮した勤務時間等の制度、④若手のモチベーションが向上する賃金制度、などである。

本ブログの更新情報を配信しています!
>中小企業診断士2次試験対策専門校「AAS東京」

中小企業診断士2次試験対策専門校「AAS東京」

私たちは大手受験校ではありません。
2次試験に特化した指導を得意とする、少人数制の専門校です。
創立以来、どうすれば2次試験に効率よく合格できるのか、 このことだけを追求し、研究してきました。その結果得られた答えは・・・

CTR IMG