R01年度事例4(得点 49点)

第1問(配点25点)

(設問1)
(a) (b)
自己資本比率 28.61(%)
売上高総利益率 16.76(%)
有形固定資産回転率 1.64(回)
(設問2)

不動産事業部好調で有形固定資産の投資効率良いが、他部門不調で総利益段階の収益性悪化と安全性低下がある。

第2問(配点25点)

(設問1)
建材事業部 95.33 %
マーケット事業部 69.39 %
不動産事業部 3.52 %
全社 89.09 %
(設問2)
(a) 4,142 百万円
(b) 事業部間のばらつきが大きすぎるため全社の数字で全体の評価困難。
(設問3)
(a)  %
(b) 建材 マーケット 不動産 共通  全社
売上 4514 215.6 284    5013.6
変動 x 149.6 10     x+159.6
固定 323 101 20    20  474

 

第3問(配点30点)

(設問1)
第1期 第2期 第3期 第4期 第5期
-0.9 6.1 14.5 9.6 9.6
(設問2)
(a) 2.65 年
(b) -12.47 百万円
(設問3)
(a)  %
(b)

減価償却費が2百万円/年 上昇するので合計10百万円の節減必要

第4問(配点20点)

(設問1)

(a)1)利益責任を明確にして、2)権限移譲するため収益性高くなる。

(b)1)全社での管理体制が甘いと、2)独走した場合に止められなくなる。

(設問2)

1)在庫情報を適切に得ることで、2)非効率な在庫保有が改善され、3)建材事業部の収益が改善し、4)全社での収益も改善できる。

本ブログの更新情報を配信しています!
>中小企業診断士2次試験対策専門校「AAS東京」

中小企業診断士2次試験対策専門校「AAS東京」

私たちは大手受験校ではありません。
2次試験に特化した指導を得意とする、少人数制の専門校です。
創立以来、どうすれば2次試験に効率よく合格できるのか、 このことだけを追求し、研究してきました。その結果得られた答えは・・・

CTR IMG