R01年度事例4(得点 85点)

第1問(配点25点)

(設問1)
(a) (b)
売上高営業利益率 0.98(%)
棚卸資産回転率 3.13(回)
有形固定資産回転率 1.64(回)
(設問2)

マーケット事業部の分譲住宅販売不振で収益性と商品投資効率性が低下。不動産事業部が経営効率性向上に寄与。

第2問(配点25点)

(設問1)
建材事業部 95.33 %
マーケット事業部 69.39 %
不動産事業部 3.52 %
全社 89.09 %
(設問2)
(a) 4,345 百万円
(b) 事業部毎に費用構造が異なる為、事業毎の利益計画の策定が必要。
(設問3)
(a) 91.49 %
(b) ・建材事業部の経常利益:X
X+244-35-20=250百万円
よって、X=61百万円
・変動費率:Y
4,514×(1-Y)-323=61百万円
よって、Y=0.9149……
⇒91.49%

 

第3問(配点30点)

(設問1)
第1期 第2期 第3期 第4期 第5期
-0.9 6.1 14.5 9.6 9.6
(設問2)
(a) 3.03 年
(b) 12.63 百万円
(設問3)
(a) 3.99 %
(b)

・原材料費と労務費の合計:116百万円 ・・・①
・(6―4)×0.3×4.33
=2.598百万円
12.63+(30-20)
=22.63百万円
22.63-2,598
=20.032百万円
20.032÷4.33÷①
=0.0398……
⇒3.99%

 

第4問(配点20点)

(設問1)

(a)①利益責任の明確化で収益向上、②独自の企業文化の醸成が可能。

(b)①機能の重複によるコスト増大、② 会社間の調整コストの発生。

(設問2)

①事務作業の削減で業務コスト低下、② 受発注と在庫情報の共有化による建材配送の効率化で輸送コスト削減、さらに在庫コスト削減。

苦手科目の克服・アウトプット強化に最適!
「WEBオプションコース」

例えば、事例Ⅳが苦手でAASのノウハウも取り入れて強化したい方「④事例Ⅳマスターコース」を、過去問の学習をより専門的に行いたい方「⑦アウトプット過去問コース」を選択いただくことで、リーズナブルな価格で課題の克服や実力アップを図っていただくことが出来ます。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次