R01年度事例3(得点 57点)

第1問(配点20点)

強みは、熱処理専業企業として他社の金属製品の熱処理を行い特使な技術を蓄積しておりその後依頼により設計部と機械加工部門を有し、部品の一貫生産体制を有していること

第2問(配点20点)

効果は、X者の全ての部品を受託するため、生産量が2倍となり生産性が向上し売上が増加する。リスクは、X者の割合が増え依存度が高まることと、現状に比較して大きな加工能力が必要になることで現場が混乱する。

第3問(配点40点)

(設問1)

新工場は①熱処理工場と機械加工工場を同じ建屋とする。②熱処理作業を標準化して機械化することによりベテラン作業員以外でも品質が保持できるようにする。③量産できる体制を構築するため、多品種小量生産を小品種多量生産が可能になる連続生産体制とする。

(設問2)

生産計画はこれまでに月ごとの作成から、3ヶ月前の納品予定内耳の段階で生産を開始し1ヶ月前に見直し、納品3日前の納品確定に間に合うように発注する。

第4問(配点20点)

戦略は、X社以外の自走社部品メーカーに対し、部品の設計から熱処理まで一貫生産ができ、新工場による量産ができる強みを訴求し新規顧客を開拓して売上を伸ばすとともに、X者の依存度を下げる。これにより人件費が低く生産性が高く収益性の高い会社を目指す

本ブログの更新情報を配信しています!
>中小企業診断士2次試験対策専門校「AAS東京」

中小企業診断士2次試験対策専門校「AAS東京」

私たちは大手受験校ではありません。
2次試験に特化した指導を得意とする、少人数制の専門校です。
創立以来、どうすれば2次試験に効率よく合格できるのか、 このことだけを追求し、研究してきました。その結果得られた答えは・・・

CTR IMG