R01年度事例3(得点 55点)

第1問(配点20点)

強みは、①技能士資格や汎用機械加工の扱いに慣れた作業員により、品質を保っていた事、②設備投資負担や特殊技術蓄積が必要で、熱処理業者として受注を取れていたこと。

第2問(配点20点)

効果は、X社は後工程引取方式を採用しており、C社にとって新たな管理方法のノウハウ蓄積につながる事、リスクは、機械加工部の生産量が2倍となり生産に対応できる体制が整わないと、需要量を満たせない可能性。

第3問(配点40点)

(設問1)

新工場の在り方は、①現在の機能別レイアウトではなく工程毎に機械をレイアウトして作業し易くし、一人当たり生産量向上を図る、②機械の扱いに慣れた作業者の個人技能を見える化・マニュアル化して作業標準化して作業者間で共有し、加工品質の均一化を図る。

(設問2)

必要な検討は、①その他加工品とX社向け自動車部品の生産計画を合わせて立て、全体を通じた生産計画を立案する事、②生産計画に基づき進捗管理や余力調整を行うことにより、納期を守れるようにすること、である。

第4問(配点20点)

戦略は、①新たな作業技術の習得や後工程管理方式のノウハウの蓄積により、C社の技術レベル向上による高付加価値化を図ること、②営業部門を新設し蓄積した技術を活かして販路拡大を図り、X社向け自動車部品以外の機械加工で売上高向上を目指す事、である。

本ブログの更新情報を配信しています!
>中小企業診断士2次試験対策専門校「AAS東京」

中小企業診断士2次試験対策専門校「AAS東京」

私たちは大手受験校ではありません。
2次試験に特化した指導を得意とする、少人数制の専門校です。
創立以来、どうすれば2次試験に効率よく合格できるのか、 このことだけを追求し、研究してきました。その結果得られた答えは・・・

CTR IMG