R01年度事例3(得点 46点)

第1問(配点20点)

強みは、①熱処理専業企業として他社の金属製品を受け入れ熱処理設備を増設している点②ベテラン作業者達が温度管理等の特殊な技術を蓄積し熱処理・加工技術を上げている点。

第2問(配点20点)

効果は、生産量が現在んお2倍になり、稼働率が向上することである。リスクは、現状より大きな加工能力が求められ、マシニングセンタ等の工作機械への設備投資が必要となり、後工程引取方式の導入・運用が困難である事。

第3問(配点40点)

(設問1)

新工場の在り方は、①X社向けの生産だけでなくX社向け以外の量産の機械加工のため汎用の旋盤等を設置して多品種小ロット生産体制を構築する②作業標準化を進めて多能工化を実現し生産性を極限まで高める③人材採用難に対応し作業方法改善等で早期に稼働する。

(設問2)

必要な検討は、①生産計画面:生産計画を機械加工部と熱処理部で3ヶ月分作成し、1ヶ月毎に見直して納品3日前に出荷できる体制を構築する。また外注かんばんの電子データ化のシステム構築をX社の支援を受け行う②生産統制面:外注かんばんの社内運用ルールを策定し似日の作業差立を行い進捗管理する。

第4問(配点20点)

戦略は、①X社以外の金属部品製造業の新規顧客に②金属熱処理、機械加工を施した金属部品を③所属する工業会が開催する商談会に定期的に参画し、蓄積した熱処理の特殊な技術を活用して、多品種・小ロットの生産に対応できる生産体制を構築して納入すること。

本ブログの更新情報を配信しています!
>中小企業診断士2次試験対策専門校「AAS東京」

中小企業診断士2次試験対策専門校「AAS東京」

私たちは大手受験校ではありません。
2次試験に特化した指導を得意とする、少人数制の専門校です。
創立以来、どうすれば2次試験に効率よく合格できるのか、 このことだけを追求し、研究してきました。その結果得られた答えは・・・

CTR IMG