R01年度事例3(得点 63点)

第1問(配点20点)

強みは①技能士資格を持つベテラン作業者による金属熱処理技術力②汎用機械加工機の扱いに慣れた作業者による機械加工技術力③熱処理専業企業としての特殊な技術の蓄積。

第2問(配点20点)

効果は①受託生産に応じる事で生産性が向上し稼働率が向上②X社の生産ノウハウを獲得である。リスクは①生産計画を各部各々で立案する為納期遅延が生じる②材料在庫は受注分のみの為欠品する、可能性がある事である。

第3問(配点40点)

(設問1)

新工場の在り方は①作業者のスキルに頼った加工品質維持でなく作業標準化を進める②作業設計等工程計画を進め最適な新規設備を選定し一人当たりの生産性向上③作業方法の教育を実施で早期の工場稼働④将来的にX社向け以外の量産の機械加工ができるようにする。

(設問2)

C社は①各部各々の生産計画を改め全社共通の生産計画を立案する②生産計画に基づき進捗・余力・現品管理の生産統制を行う③X社からの通信回線から得る納品予定内示に基づき日ごとの日程計画を改め週次の日程計画を作成する、事により納期を遵守し生産性を向上させる。

第4問(配点20点)

戦略は①金属熱処理・機械加工技術力の強みを生かし高付加価値化・差別化を図りX社の受注に応えつつX社以外の量産の機械加工に応え稼働率を上げる②X社向けの外注かんばん等電子データ等システム構築をX社以外にも拡大し生産性を向上させる、事である。

本ブログの更新情報を配信しています!
>中小企業診断士2次試験対策専門校「AAS東京」

中小企業診断士2次試験対策専門校「AAS東京」

私たちは大手受験校ではありません。
2次試験に特化した指導を得意とする、少人数制の専門校です。
創立以来、どうすれば2次試験に効率よく合格できるのか、 このことだけを追求し、研究してきました。その結果得られた答えは・・・

CTR IMG