R01年度事例1(得点 53点)

第1問(配点20点)

最大の要因は、たばこ市場の縮小に伴い葉たばこの耕作面積も縮小し、葉たばこ乾燥機の市場も縮小しメンテナンス需要自体がほとんどなかったことである。また、メンテナンスのノウハウも自社になかったことである。

第2問(配点20点)

企業風土は、地方の農村部で創業した縁戚関係にある役員による同族会社で、顧客である農家と顔見知りで、顧客からの依頼があればコスト無視で計数管理なしで対応する前近代的な経理体制を有するものであった。

第3問(配点20点)

要因は、インターネットにより今までアプローチできなかったさまざまな市場と結びつきができ、アクセスが可能になったことにより潜在顧客のニーズが把握でき、乾燥サービスという新たな市場を開拓できたことである。

第4問(配点20点)

要因は、自社のコアテクノロジーを農作物の乾燥技術と明確に位置付け社員に共有させ、ターゲット市場を絞り、戦略を明確化し共有したことにより、新しい市場に見い出し、組織目標の共有化ができたことである。

第5問(配点20点)

最大の理由は、現段階は新たな戦略を構築し実行に移しており、戦略が固まっている段階ではないため、組織再編にエネルギーをかけるのは得策ではなく、戦略をかためてから再検討することを判断したため。

 

本ブログの更新情報を配信しています!
>中小企業診断士2次試験対策専門校「AAS東京」

中小企業診断士2次試験対策専門校「AAS東京」

私たちは大手受験校ではありません。
2次試験に特化した指導を得意とする、少人数制の専門校です。
創立以来、どうすれば2次試験に効率よく合格できるのか、 このことだけを追求し、研究してきました。その結果得られた答えは・・・

CTR IMG