【まとめ】伝わりやすい文章とは

みなさま、こんにちは
いつもAASブログを読んでくださり、ありがとうございます。
AAS卒業生の「五転び六起き」です

 

前回、前々回と文章表現を見直すことについてお話をしましたが
今回はまとめとして、「伝わりやすい文章の要件」と
「伝わりやすい文章を書けるようにするための取組み例」
についてお伝えしようと思います
2次試験では、採点者に伝わらなければ得点に繋がらないので、
限られた字数内で分かりやすく、正しく伝えることが大切です。

 

<伝わりやすい文章表現の要件>
1、短文で一文一意で書くこと
①1文を短く(40~60字程度)する。
②1文1意にする。

 

2, わかりやすい言葉で書くこと
①抽象的な言葉を避け、具体的に表現する。
②無駄な表現を避ける。
③難しい専門用語や略語は極力使わない。

 

3、文章全体を論理的に書くこと
①「てにをは」や接続詞が正しく使われている。
②主語・述語が明確で文章の繋がりが理解しやすい。
④結論とその根拠/理由が明確に結びついている。(論理的)

論理的に構成するポイント

2次試験的にはもう一つ

+ 4、問われたことを素直に文章にする
<例>
提案する事業は○○である。
理由は①~、②~ためである。
対応策は(具体的には等)は
①~、②~、③~、である。  等

 

<伝わりやすい文章を書けるようにする取り組み>
①文章の要約をする
 例)春秋の要約など
②他人に自分の書いた文章を読んでもらう
③自分にあった模範解答やマイベスト答案
 などを写経して書く訓練をする
④仲間と解答をお互いに添削してみる
⑤予備校が公表している合格者答案などを
 自分で添削してみる

 

以上です。

 

文章を書くことが苦手な方でも、自分の状態を把握し
訓練することで、文章表現は改善できます。
私自身、文章表現を見直したことで点数のバラつき度合が
ましになり、伸ばすことができました。
しつこいようですが、点数が伸びず悩んでいる方など
ぜひこの時期に文章表現を見直してみてください。

2次試験の学習で個別のサポートを求めている方へ

令和3年度のAAS東京2次本科コースは、全クラス定員8名の少人数クラスで運営いたします。WEB講座と比較した通学・オンライン講座の最大のメリットは、当日その場で疑問を解消し、個別のアドバイスを得られることです。このメリットを最大限活かせる環境を検討し、定員8名の少人数クラスで運営することとなりました。目指しているのは、単に事例問題の解説をする講座ではなく、質疑応答に時間を割き、当日その場で1人1人の答案を見て具体的なアドバイスを行う講座です。

受講生1人1人の学習経験や状況を伺いながら個別サポートを行う2次本科コースで、ぜひ令和3年度2次試験合格を勝ち取ってください!。

NO IMAGE
本ブログの更新情報を配信しています!
>中小企業診断士2次試験対策専門校「AAS東京」

中小企業診断士2次試験対策専門校「AAS東京」

私たちは大手受験校ではありません。
2次試験に特化した指導を得意とする、少人数制の専門校です。
創立以来、どうすれば2次試験に効率よく合格できるのか、 このことだけを追求し、研究してきました。その結果得られた答えは・・・

CTR IMG