Kindleで過去問を読む⇒300枚ペーパーレス♪

おはようございます。
AAS東京の卒業生、北陸テツ子です。
本日は、PDFの資料を
Kindleで読む方法についてです。

知っている方は知っていると思いますが
意外と知らない方も多いようなので、
画像つきでご説明いたします。

AASブログ史上、最も画像が多い記事に
なりそうな予感がしております。
読み込みに時間がかかるかもしれず
その点はご容赦いただければ幸いです。

――――――――――――――――――
診断士の勉強は、過去問や資料などで
どうしてもプリントが多くなります。

コピー用紙がもったいないし
資料を持ち歩くカバンも重くなるし
タブレットは重たくて腕が疲れちゃうし。。

どうにかならないかしら?

という発想から、薄くて軽い
電子書籍リーダーのKindleを
活用し始めた次第です。
※決してアマゾンさんの回し者ではありません

FullSizeRender(11) 
Kindleを買うと
本体とケーブルがついてきます。
どんな梱包だったか忘れてしまいましたが
基本操作の説明書があったはずです。

WiFiなどの初期設定については
公式の説明書をご参照くださいませ。

FullSizeRender(12) 
こちらがホーム画面です。
五角形のおうちボタンの下にある
「マイライブラリ」を押します。

FullSizeRender(13) 
Kindleはクラウドでデータ共有なども
できるらしいですが、私はアナログ人間で
詳しいことはよくわかりません。

とにかく、KindleをPCにつなげて
PDFを放り込む方法をとっておりました。

「ダウンロード済み」を押すと
放り込んだPDFが表示されます。

PDFの数がどんどん増えていくので
フォルダ分けをしておくと
検索性が高まります。

Kindleでは、フォルダのことを
コレクションと呼んでいるようです。

FullSizeRender(14) 
「過去問」のコレクションを開いた状態。
過去問PDFがずらりと並んでいます。

ちなみにAASの本科生は
AASオリジナルの過去問解説集のPDFを
ダウンロードし放題です。

新制度になった平成13年度以降の
すべての事例に、解説がついています。

問題文も模範解答も解説テキストも
すべてプリントアウトして持ち歩いたら
けっこうな重量になるはず。

いつでもどこでも、スキマ時間に
「あのアントレのやつ、どんなんだっけ?」
などとピンポイントで気になった事例を
サッと取り出して読めるのが
Kindleのいいところです。

FullSizeRender(15) 
これはH13事例Ⅰです。

古い過去問に取り組むべきか否か、
いろいろ意見が分かれるところですが…

時代によって変わるものと
一貫して変わらないものとがあって、
それを知る良い機会だったと
私は思います。

ただ、もう6月ですから
古い過去問に手を伸ばそうという方は
時間配分に気をつけてください!
優先順位は、やはり直近5年間の過去問かと思います。

FullSizeRender(16) 
次は、PDFをどうやって
Kindleに放り込むかについてです。

ケーブルでPCにつなぐと
Kindleの中身が表示されます。
USBメモリとまったく同じ感覚です。

ちなみに、このPCは
実務補習のために慌てて購入した
Surfaceのいちばん安いモデルです。
実務補習は何かと出費がかさみますので
合格祝でパーッと散財しないよう、ご注意くださいませ!

FullSizeRender(17) 
最初に表示される第1階層に
「documents」というフォルダがあります。
ここがPDFの格納場所です。

FullSizeRender(18) 
documentsフォルダを開けると
放り込んだPDFがずらりと表示されます。

FullSizeRender(19) 
H27の試験問題を入れてみましょう。

診断協会HPからダウンロードしたPDFを
documentsの中にドラッグ&ドロップ。
まるっきりUSBメモリと同じ操作です。

FullSizeRender(20) 
KindleをPCから取り出すと
マイライブラリ画面が現れます。
先ほど放り込んだH27の試験問題も
ばっちり入っています。

KindleはUSBメモリと同様に
「取り出し」をPC側で操作してください。
あわてて引っこ抜いてはいけません。

ファイルネームがそのまま表示されるので
適宜、名前を変更しておくことを
おすすめいたします。FullSizeRender(21) 
こんなふうに表示されます。
A5サイズなので、老眼の方には
キツいかもしれません。

FullSizeRender(22) 
読もうと思えば、白書だって読めます!

中小企業庁HPからPDFを落としてきて
全頁マージした、24MBの重たいデータでも
どうにか読めていました。
(ときどき固まってましたが…

FullSizeRender(23) 
モノクロの画面なので
グラフなどはあまり見やすくありません。

また、電子書籍リーダーですので
「書き込み」や「色塗り」は
当然できません。

Kindleが便利かどうかは
勉強のスタイルにもよると思います。

私は通勤時間が長く、かつ
なるべく多くの過去問に触れたかったので
重宝できたのかなと思いますが…

勉強のスタイルは人それぞれですので
ご参考になれば幸いです。
――――――――――――――――――

今回は駄文に加えて画像も多く、
おつきあいくださり
誠にありがとうございました。

――――――――――――――――――
 【本日の結論】
――――――――――――――――――
過去問の1事例につき5ページとして
ひとつの年度で20ページ。
H13~H27までの15年分を集めると
計300ページ。電子書籍リーダーを活用することで、
かなりのペーパーレス化と
通勤カバンの軽量化が
期待できます。
――――――――――――――――――

 【次回予告】
――――――――――――――――――

FullSizeRender(24) 

…短期決戦で1次試験に臨むなら…
NO IMAGE
本ブログの更新情報を配信しています!
>中小企業診断士2次試験対策専門校「AAS東京」

中小企業診断士2次試験対策専門校「AAS東京」

私たちは大手受験校ではありません。
2次試験に特化した指導を得意とする、少人数制の専門校です。
創立以来、どうすれば2次試験に効率よく合格できるのか、 このことだけを追求し、研究してきました。その結果得られた答えは・・・

CTR IMG