H30年度事例3(得点 58点)

第1問(配点20点)

理由は、金型設計・製作部門を持ち、技術力を強化したことによって、材料歩留り向上や成形速度の改善など、顧客企業の成形加工品のコスト低減のノウハウを蓄積できたから。

第2問(配点20点)

問題点は、成形機の段取り時間が長時間になっていることである。改善策は、①金型については統一識別コードを設け置場の5Sを実施すること、②使用材料については納品位置を固定化すること、③作業者の待ち時間に金型を置き場から移動しておくこと、である。

第3問(配点20点)

問題点は、製品在庫が過大である点である。改善策は、生産ロットサイズを長時間を要する成形機の段取り時間ではなく、受注量にあわせて決定することである。600個前後の納品指定数が生産ロットサイズの目安になる。

第4問(配点20点)

事前整備の内容は、成型加工課の作業者が効率よく金型・材料などを使用できるように、業務プロセスの見直しを行い、IE手法で標準作業や標準時間を決め、作業者のスキルマップを作成しスキルを見える化する。生産現場での効率的な運用が可能になる。

第5問(配点20点)

戦略は、国内需要分の国内工場生産回帰の家電メーカーに対して、短納期、小ロット、低コストの新製品を、工業団地組合の技術力・チームワーク力や、成形加工の際に金属部品などを組み込んでしまう成形技術(インサート成形)を活用して提供することである。

本ブログの更新情報を配信しています!
>中小企業診断士2次試験対策専門校「AAS東京」

中小企業診断士2次試験対策専門校「AAS東京」

私たちは大手受験校ではありません。
2次試験に特化した指導を得意とする、少人数制の専門校です。
創立以来、どうすれば2次試験に効率よく合格できるのか、 このことだけを追求し、研究してきました。その結果得られた答えは・・・

CTR IMG