H30年度事例1(得点 50点)

第1問(配点20点)

理由は、①ニッチ市場に強みであるセンサー技術を活用して経営資源を集中的に使うことで、競争優位性を確立するため、②市場が縮小しても同業者の撤退によりA社のシェアが拡大し、売上を維持できるため、である。

第2問(配点40点)

(設問1)

理由は、①売上が数十倍になっても従業員数は倍増程度に留め、技術者の中には兼任もさせる等、経営資源を効率活用する為、②事業を委ねる後進がおらず権限移譲できないので、トップの意思決定を維持する為、である。

(設問2)

違いは、以前は製品を販売した時点で取引が完了する売切り型の製品特性だったが、複写機関連製品は消耗品やメンテナンスサービスなど製品販売後も取引が継続する為、継続的に収益源を確保できる点、である。

第3問(配点20点)

目的は、①今後は企業向けと最終消費者向け製品が混在する為、人材の流動性を確保し強みを活かして市場対応する為、②混成チームで異なる知識を持つ多様な人材でダイバーシティを図り、組織活性化を促す為、である。

第4問(配点20点)

①実力主義が文化として根付いている為、目標管理制度を導入して評価か昇進に反映し、意欲向上を図る。②家族主義的な面もある為、グループ毎の研修旅行や短期留学等を行い、能力向上を図る。よって人材を強化する。

 

本ブログの更新情報を配信しています!
>中小企業診断士2次試験対策専門校「AAS東京」

中小企業診断士2次試験対策専門校「AAS東京」

私たちは大手受験校ではありません。
2次試験に特化した指導を得意とする、少人数制の専門校です。
創立以来、どうすれば2次試験に効率よく合格できるのか、 このことだけを追求し、研究してきました。その結果得られた答えは・・・

CTR IMG