H30年度事例4(得点 53点)

第1問(配点24点)

(設問1)
(a) (b)
売上高総利益率 24.15(%)
有形固定資産回転率 17.08(回)
売上高販管費比率 22.95(%)
(設問2)

新たなビジネスモデルの収益性は高いが、土地の収益貢献度が低く、費用負担が大きく営業利益を圧迫している。

第2問(配点31点)

(設問1)
(a) (b)
3.30 % $$
WACC={負債×資本コスト×(1-税率)+株主資本×資本コスト}÷(負債+株主資本)、より\\\\
{324×1×(1-30\%)+179×8\%}÷(324+179)=3.30\%
$$
6.27 百万円 $$
(負債増加額+株主資本増加額)×WACC=(138+52)×3.30\%=6.27百万円
$$
(設問2)
(a) (b)
3.8百万円 $$
(収益-現金支出)×(1-税率)+非資金費用×税率、より\\\\
(400-395)×(1-30\%)+1×30\%=3.8百万円
$$

(c)
企業価値の向上につながった。理由は、今年度のキャッシュフローは企業価値増加より少ないが、今後の成長による企業価値は向上するため。

(設問3)
(a) (b)
1.3 % $$
資産価値=CF÷(WACC-成長率)より、\\\\
190=3.8÷(0.033-x) x=0.013=1.3%
$$

 

第3問(配点30点)

(設問1)
(a) (b)
73.30 % $$
変動費合計:{(232+33)×2053/1503}+782×2053/1503=1505.9050\\\\
1505.9050/2053×100=73.30%
$$
76 百万円 $$
2053×(1-73.30%)-438-34=76.15
$$
(設問2)

変動比率と固定費の増加により営業レバレッジが増加することで、売上変動に対する利益変動幅が大きくなったこと。

(設問3)

営業拠点の開設による当面の影響は軽微であるが、変動比率と固定費の増加により、成長性の将来的な見通しは厳しい。

第4問(配点15点)

可能性は、D社事業は労働集約的のため、人手不足で顧客要望に十分に対応できないこと。方策は、事業計画に合わせた優秀な人材の採用と社員教育である。

 

本ブログの更新情報を配信しています!
>中小企業診断士2次試験対策専門校「AAS東京」

中小企業診断士2次試験対策専門校「AAS東京」

私たちは大手受験校ではありません。
2次試験に特化した指導を得意とする、少人数制の専門校です。
創立以来、どうすれば2次試験に効率よく合格できるのか、 このことだけを追求し、研究してきました。その結果得られた答えは・・・

CTR IMG