H30年度事例1(得点 61点)

第1問(配点20点)

理由は、①大企業が参入しにくい小さな市場に展開する事で、中小企業のA社でも大きなシェア確保が可能な為、②A社もパートナー企業も大規模な設備投資を避ける事により、経営リスク軽減を図る為、である。

第2問(配点40点)

(設問1)

理由は、①最終消費者向けでは販売体制構築の為の投資が必要になり、技術が9割を占める電子機器開発に特化したA社の強みが損なわれるため、②パートナー企業にとっても受注量を予測できるBtoBの方が対応し易い為。

(設問2)

違いは、①複写機関連製品事業は売り切り型ではなく、消耗品の販売により継続的に安定収入源となる事、②複写機関連の様々な製品を追加開発して顧客に提案・販売する事で、効率的に事業拡大を図れる事、である。

第3問(配点20点)

目的は、①各分野の専門知識を有する技術者の混成チームを編成し、A社の技術を包括的に活用し最先端の製品を開発していく為、②部門ごとの責任者を明確に定め、次世代経営者の育成を図っていく為、である。

第4問(配点20点)

取り組みは、①大企業や研究機関との連携体制を強化し、より大きな市場での製品開発や世界最先端技術に挑戦できる体制の整備、②経営層と従業員の対話機会を積極的に設け、成果達成に向けた一体感醸成を図る事。

 

本ブログの更新情報を配信しています!
>中小企業診断士2次試験対策専門校「AAS東京」

中小企業診断士2次試験対策専門校「AAS東京」

私たちは大手受験校ではありません。
2次試験に特化した指導を得意とする、少人数制の専門校です。
創立以来、どうすれば2次試験に効率よく合格できるのか、 このことだけを追求し、研究してきました。その結果得られた答えは・・・

CTR IMG