H30年度事例2(得点 48点)

第1問(配点25点)

顧客との関係では8割が昔なじみのビジネス客であり創業時からほとんど変わらないビジネス手法であまりプロモーションをしていない。対競合ではB社周辺の他の業種の店々のように拡大する観光需要を享受できていない。対自社では周辺に豊富な観光資源や商業施設があるにもかかわらずこれらを活かした集客ができていない。

第2問(配点25点)

和の風情を求めるインバウンド客をターゲットに、古風な和室の客室や和の風情がある苔むした庭園があり、館内には海外でも著名な芸術家による美術品が配置され、英語に堪能な従業員がいる旨の情報を掲載する。

第3問(配点25点)

従業員が商業地域の目抜き通りの大型建造物等を観光案内し、大都市圏の商業地域を案内し食べ歩きできるスイーツや伝統の和菓子を紹介することで交流し宿泊客との関係性を強化しクチコミを誘発する。

第4問(配点25点)

10年ほど前にX市の名刹と商業地域が高視聴率の連続ドラマの舞台となり名刹は通年で夜間ライトアップされていることをPRし、大都市圏とも近く電車で2時間程度の日帰りできる距離にある旨をPRし宿泊需要を生み出す。

 

本ブログの更新情報を配信しています!
>中小企業診断士2次試験対策専門校「AAS東京」

中小企業診断士2次試験対策専門校「AAS東京」

私たちは大手受験校ではありません。
2次試験に特化した指導を得意とする、少人数制の専門校です。
創立以来、どうすれば2次試験に効率よく合格できるのか、 このことだけを追求し、研究してきました。その結果得られた答えは・・・

CTR IMG