H30年度事例1(得点 56点)

第1問(配点20点)

理由は、規模の大きな市場では経済の動向により大手企業からの受注が大きく変動し、場合により売上が危機的に落ち込み経営が不安定になるからである。ニッチ市場で専門化戦略を取ることでより安定するからである。(99字)

第2問(配点40点)

(設問1)

理由は、A社社員の大半が技術者で営業職は数名と見られ、最終消費者向け製品を販売するための消費者ニーズの調査や営業活動、広告宣伝活動が充分にできないから。またシーズ先行型だから。(88字)

(設問2)

違いは、以前は開発した製品を販売した時点で取引が完了する売切り型の事業だったが、複写機関連製品事業は複合機内部の部品や複写機用トナーなどの消耗品の販売が継続的に安定的な収益源となることである。(96字)

第3問(配点20点)

目的は①専門知識別の組織から機能別組織にすることで、各部門が持つ専門知識を融合させ、新製品開発力を高めること、②複数の生産委託先との調整業務を生産技術部門などに統合することにより業務の効率化を図るため。(101字)

第4問(配点20点)

取り組むことは①A社長が同社を立ち上げて以来様々な製品開発にチャレンジしてきた歴史を社長自ら社員に語る機会を設けること、②社長に定期的に半ば強制的にアイデアを提案させるような制度を設けることである。(99字)

 

本ブログの更新情報を配信しています!
>中小企業診断士2次試験対策専門校「AAS東京」

中小企業診断士2次試験対策専門校「AAS東京」

私たちは大手受験校ではありません。
2次試験に特化した指導を得意とする、少人数制の専門校です。
創立以来、どうすれば2次試験に効率よく合格できるのか、 このことだけを追求し、研究してきました。その結果得られた答えは・・・

CTR IMG