中小企業診断士 実務補習

皆さんこんにちは。
今年度受講した方は初回が終了しましたね。現在勉強中の方は来年を楽しみに。
今回は実務補習について書いていきたいと思います。

ただでさえボリュームのある1次試験、2次試験が終了した後、実務補習という最後の試練があります。
診断士協会のHPには以下の案内があります。

当協会では、国の登録実務補習機関として、「中小企業診断士の登録等及び試験に関する規則」に基づき、実務補習を実施しています。
中小企業診断士第2次試験に合格後、3年以内に実務補習を15日以上受けるか、診断実務に15日以上従事することにより、中小企業診断士としての登録を行うことができます。

例年は、2月に5日コースと15日コース、7月と9月に5日コースがあります(東京は5日コースが8月にもあります)。
2月に15日コースを受講すればそれで終了。5日コースの場合はその後に追加で10日分受講して合計の受講日数を15日にします。5日間で1企業に診断助言を行うため、合計3社を担当するということになります。

15日コースと5日コースのメリデメ

5日コース 15日コース
メリット ・拘束が5日間ごとなので受講しやすい。

・毎回メンバーが変わるのでたくさんの人と出会える。

・実務補習と実務従事の合わせ技が可能。

・最短4月に診断士登録が可能。

・同じメンバーで3社行うので、日程が進むにつれて作業効率が上がる。

・15日間一緒なので仲間意識が芽生える。

デメリット ・登録が遅くなる

・実務補習を3社行う場合、毎回新しいメンバーだから時間がかかる。

・かなりハード。約6週間全力疾走が必要

・仕事や家庭との調整が必要。

私は15日コースを受講しましたので、次回から実務補習の思い出を書いていきたいと思います。すごーく刺激的かつ濃密な時間を過ごすことができましたが、マジで大変でした。例えるならば、精神と時の部屋で修業したような気分です。(ドラゴンボール知らない方すみません)

ではまたっ!

 

 

「WEB短期合格コース」のご案内

7月から2次試験対策を本格的に学びたい方に向けて、ハイレベルな内容のWEB講座を全国の受験生に提供ます!2次試験対策の講師経験が豊富な早坂講師(AAS東京代表)と石原講師(AAS関西代表)のダブル講師体制で配信しています。

講座配信回数は全34回、添削回数は最大20回と講座内容が大変充実しています。動画は2倍速まで速度を変更できますので、効率的に学習して頂くことが出来ます。もちろん、スマートフォンやタブレットでも視聴できますので、通勤時間などのスキマ時間にWEB講座を使って学習していただくことも可能です。

NO IMAGE
本ブログの更新情報を配信しています!
>中小企業診断士2次試験対策専門校「AAS東京」

中小企業診断士2次試験対策専門校「AAS東京」

私たちは大手受験校ではありません。
2次試験に特化した指導を得意とする、少人数制の専門校です。
創立以来、どうすれば2次試験に効率よく合格できるのか、 このことだけを追求し、研究してきました。その結果得られた答えは・・・

CTR IMG