H30年度事例2(得点 76点)

第1問(配点25点)

現状は、①競合は、駅前にビジネスホテル2軒あるが、B社が立地する市街地中心部には似たようなタイプの旅館もない。②顧客は、昔なじみのビジネス客8割は高齢化で減少傾向にある一方、急増するインバウンド客は2割に留まっている。③自社は、ホームページで外国語の予約受付等を開始しているが、プロモーションが弱い。

第2問(配点25点)

メインターゲット層は、和の風情を求めるインバウンド客である。自社情報は、①和の風情の苔むした庭園や②B社ゆかりの海外でも著名な作家や芸術家の美術品、③器にこだわり日本の朝を感じられる朝食に関してである。

第3問(配点25点)

交流は、インバウンド客に対し英語が堪能な従業員を通じて、①食べ歩きスイーツや地域の伝統的な和菓子、歴史を感じさせる大型建造物等について紹介、②山車を引く体験の予約代行など客からの問合せの対応強化である。

第4問(配点25点)

施策は、①通年で夜間ライトアップされる名刹や、夜通し続く地域の祭りをホームページ等で紹介、②地元の割烹料理店と連携して、夕食としての仕出しとのパッケージの宿泊プランを提供し、宿泊需要を生み出していく。

 

本ブログの更新情報を配信しています!
>中小企業診断士2次試験対策専門校「AAS東京」

中小企業診断士2次試験対策専門校「AAS東京」

私たちは大手受験校ではありません。
2次試験に特化した指導を得意とする、少人数制の専門校です。
創立以来、どうすれば2次試験に効率よく合格できるのか、 このことだけを追求し、研究してきました。その結果得られた答えは・・・

CTR IMG