H30年度事例2(得点 47点)

第1問(配点25点)

顧客は、執筆活動等のビジネス客が8割でインバウンド客が2割で、なじみ客らは高齢化が進み減少傾向である。競合は、チェーン系ビジネスホテルが距離の離れた駅前に2件ほどあり、X市街中心部の同業他社の旅館は閉鎖している。自社はプロモーション活動が不足しており、観光需要を取り込めていない。

第2問(配点25点)

2007年より6倍以上に増加する和の風情を求めるインバウンド客をターゲットとして、①美術品や古風な和室がある庭園の写真や、②空港から直通バスの情報や英語が堪能な従業員の紹介を掲載する。

第3問(配点25点)

SNSを活用し、X市の名刺と商業地域をテーマとした写真コンテストを行う。従業員を顧客の双方向のコミュニケーションを行い、顧客関係性の強化、愛顧を向上する。

第4問(配点25点)

施策は、X市を訪れる観光客向けに駐車場の貸し出しや美術品の展示、無料WiFiの提供を行うことで、事前に予約のない客を取り込み客室稼働率を向上する。

 

本ブログの更新情報を配信しています!
>中小企業診断士2次試験対策専門校「AAS東京」

中小企業診断士2次試験対策専門校「AAS東京」

私たちは大手受験校ではありません。
2次試験に特化した指導を得意とする、少人数制の専門校です。
創立以来、どうすれば2次試験に効率よく合格できるのか、 このことだけを追求し、研究してきました。その結果得られた答えは・・・

CTR IMG