H30年度事例4(得点 61点)

第1問(配点24点)

(設問1)
(a) (b)
自己資本比率 35.59(%)
売上高対販売比一般管理費用比率 22.95(%)
固定資産回転率 13.07(回)
(設問2)

労働集約型で販管費が髙く収益性が低い、投資がかさみ資産効率性が低く、内部留保が大きく長期安全性は高い。

第2問(配点31点)

(設問1)
(a) (b)
2.70 % $$
①負債:1\%-(1-30\%) \times \frac{138}{190}\\\\
②資本:8\% \times \frac{52}{190}\\\\
①+②=2.70\%
$$
5.13 百万円 $$
要求されるCF=投下資本 \times WACC\\\\
190百万円 \times 2.70\%
$$
(設問2)
(a) (b)
3.8百万円 $$
営業利益\times(1-税率)+非現金支出費用\\\\
(400-395-1)\times(1-30\%)+1=3.8
$$

(c)
CFが現在のままでは、現在価値は140.74百万円と資産価値の190百万円を下回ることより、企業価値の向上にはならない。

(設問3)
(a) (b)
0.7 % $$
永続成長の公式より\\\\
3.8÷(2.7\%-X\%)=190\\\\
X=0.7\%
$$

 

第3問(配点30点)

(設問1)
(a) (b)
76.67 % $$
①仲介費:(\frac{782}{1503}) +0.07=0.59029\\\\
②その他変動費:(\frac{(232+33)}{1503})=0.1763\\\\
①+②=0.7667
$$
107 百万円 $$
差額利益:550-(550 \times 77.67\%)-34=?\\\\
18+?=107百万円
$$
(設問2)

固定資産が増加し、減価償却費が増加することで固定費が増し、ハイリスク・ハイリターンな費用構造となる。

(設問3)

将来的な見通し、新規の販売先獲得である上げは増えるが、固定費増加によりハイリスクハイリターンな事業構造となる。

第4問(配点15点)

人手不足の状況下、外注先の管理業務が難しくサービス品質が低下するリスクの可能性がある。方策は、人材育成と働きやすい環境を整備し人材確保する。

 

本ブログの更新情報を配信しています!
>中小企業診断士2次試験対策専門校「AAS東京」

中小企業診断士2次試験対策専門校「AAS東京」

私たちは大手受験校ではありません。
2次試験に特化した指導を得意とする、少人数制の専門校です。
創立以来、どうすれば2次試験に効率よく合格できるのか、 このことだけを追求し、研究してきました。その結果得られた答えは・・・

CTR IMG