H30年度事例1(得点 56点)

第1問(配点20点)

理由は、①開発した製品全てが市場に受け入れられるわけではないので、相対的に小規模な複数の市場に分散してリスクを低減するため、②A社の資本金規模、従業員規模では、大手が参入する市場での競争は難しいため。

第2問(配点40点)

(設問1)

創業し、製品開発と専門知識を強みに成長しており、②現在も、約50名の社員の9割が技術者であり、BtoCに対応可能な人員は育成されていないため。

(設問2)

違いは、①以前の電子機器の製品開発事業は受け身の製品開発で、開発後の販売で終わる売切り型だが、②複写機関連製品事業は、再生品や部品の交換や消耗品の補充等での購買があり、継続的に安定した収入源となる。

第3問(配点20点)

目的は、①製品開発部門に専門知識を持つ技術者を集中させ、異なる専門分野の技術者を1つの混成チームにすることで新技術を取り込むシナジーを誘発し、②品質と生産も開発と連携させて製品領域を拡大するため。

第4問(配点20点)

後進へ事業を委ねる準備を兼ねて挑戦志向の強化を助言する。具体的には、①これまで採用していない新卒者をBtoC対応要員で採用して変革を行動で示し、②実力ある技術者とはOJT等で交流させ一体感を維持する。

 

本ブログの更新情報を配信しています!
>中小企業診断士2次試験対策専門校「AAS東京」

中小企業診断士2次試験対策専門校「AAS東京」

私たちは大手受験校ではありません。
2次試験に特化した指導を得意とする、少人数制の専門校です。
創立以来、どうすれば2次試験に効率よく合格できるのか、 このことだけを追求し、研究してきました。その結果得られた答えは・・・

CTR IMG