H30年度事例1(得点 53点)

第1問(配点20点)

理由は、①時流を先読みし、ニッチ市場で事業展開する事で差別化を図り、継続的に安定した収入源とする為②小さな市場に特化する事で経営資源を集中でき、独自性を磨いて事業の柱となる製品を生み出していく為である。

第2問(配点40点)

(設問1)

理由は、①社員の大半が技術者であり、最終消費者へのマーケティングや販売を複数のパートナー企業に委託した為②電子機器開発に特化した組織と人員構成のため人材資源を企業向けに集中し専門性を高めてきた為である。

(設問2)

違いは、①特注電子機器事業は開発した製品を販売した時点で取引が完了する売切り型の事業であり②複写機関連製品事業は再生品や複合機内部の部品、複写機用トナー等の消耗品の販売等、アフターサービス中心である点。

第3問(配点20点)

目的は、①多様で幅広い製品群を束ねて、製品開発を効率的に行う事でシナジーを発揮し、事業拡大を図る事②③部門に再編成する事で専門性を高めつつ、命令一元化と権限・責任を一致させる事で意思決定の迅速化を図る事。

第4問(配点20点)

取組は、①3部門の各責任者を公募・登用し、他メーカーとの共同プロジェクトに参画する事でチャレンジ精神を高める②3部門間で定期的な人事異動を行い技術力を全体的に高め、先進的な事業展開を行い、独創性を維持する。

 

本ブログの更新情報を配信しています!
>中小企業診断士2次試験対策専門校「AAS東京」

中小企業診断士2次試験対策専門校「AAS東京」

私たちは大手受験校ではありません。
2次試験に特化した指導を得意とする、少人数制の専門校です。
創立以来、どうすれば2次試験に効率よく合格できるのか、 このことだけを追求し、研究してきました。その結果得られた答えは・・・

CTR IMG