あと1ヵ月で10点アップさせる事例Ⅳの勉強方法

富田です。

こんにちは。

今日は事例Ⅳの勉強方法についてお話しします。

2次試験まであと1ヵ月となりました。

事例Ⅰ・事例Ⅱ・事例Ⅲも重要ですが、直前期でも事例Ⅳの得点はアップします。

今日は事例Ⅳの勉強方法についてお話しします。

 

【事例Ⅳ】

<①毎日学習することの重要性>

1次試験の「財務・会計」と同じように、毎日少しずつでも計算問題に取り組むことを心掛けました。

 

<②事例Ⅳの学習方法>

まず取り組むべき問題は,事例ⅠからⅢまでと同様に過去問です。私の学習方法は,A3の紙を用意して,左半分(A4サイズ)に過去問の問題を刷り込み,右半分そして裏面に解答を書くようにしました。解けなかった箇所は丸写しでもよいので内容を理解することに重点を置きました。解いた過去問の紙は捨てずに保管し,事あるごとに見返していました。

 

<③記述問題の重要性>

計算問題の中ではNPVの問題は難しく,経営分析の指標とCVP分析の問題を得点源にしたいと考えていました。

また,記述問題も軽視せず,基本的な問題が問われたら確実に得点できるように対策をしていました。

第4問は、

①与件からある程度書けるもの

②財務の知識を問う問題

の2つがあると思います。

①の出題が多いと思いますが、②の問題は事前に対策できます。為替予約とオプション予約の違いなど、毎日少しずつ準備しましょう。

 

以上です。ありがとうございました。

苦手科目の克服・アウトプット強化に最適!
「WEBオプションコース」

例えば、事例Ⅳが苦手でAASのノウハウも取り入れて強化したい方「④事例Ⅳマスターコース」を、過去問の学習をより専門的に行いたい方「⑦アウトプット過去問コース」を選択いただくことで、リーズナブルな価格で課題の克服や実力アップを図っていただくことが出来ます。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次